部活を辞めたい!バレー部の顧問が超嫌い!そんなとき使える3つの秘策!

  1. Home
  2. 部活を辞めたい!バレー部の顧問が超嫌い!そんなとき使える3つの秘策!

2018-04-13 12:43:31

カテゴリー:学生


部活を辞めたいけど辞めれない。

バレー部顧問が怖い、バレー上手くもないし、もはやバレーが好きでもない。

こんな風に悩んでるバレー部のあなた。

 

最初は何となく興味本位でバレー部に入ってみたけど、いざ入ってみたら部活辛すぎて辞めたいってことあるよね?

・バレー部の顧問が怖い。

・練習内容がハードでキツイ。

・休みも少ないし嫌だ!

こんな風に悩んでるバレー部。

 

 

しかも、部活の練習がキツくて付いていけない。

結果、バレーの実力もないし、上達していく気配もない。

上手くないからバレー部顧問にも怒られるし、厳しく当たられる。

そうすると、バレーやってても楽しくないし、もう部活が苦痛でしかなくなる。

 

それだけでなく、バレーが下手くそだと、部活の同級生からも何となく足引っ張んなよって空気が流れ始める

下手くそとは練習したくないし、一緒に部活練習してても迷惑って雰囲気が漂う。

そうすると、なおのこと部活辞めたいって思うし、もうバレーが嫌いってなる。

 

 

でもさ、バレー部を辞めたいって言っても、バレーをするにあたって色々と道具も買った訳じゃん?

体育館でのトレーニングシューズ、スパイク、練習着、バレーボール・・・

部活に入ると、こういった部活に必要な物を最初に買うよね?

しかも、そのお金は親が出してくれてる場合がほとんど。

 

だからこそ、部活がキツイからバレー部辞めたいってなっても、親に申し訳ない。

申し訳ないし、親も部活辞めるのを認めてくれない。

さらに、部活辞めたいけど部活の顧問が辞めるのを認めない。

認めてくれないし、バレー部顧問が怖いから「部活辞めたい」と強く言えない(汗)

 

 

じゃあ、そんなバレー部を辞めたいあなたはどうすれば良いのか?

今回は、そんなあなたのために【部活辞めたいときの対処法】これについてまとめてみた。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

部活を辞めたいけど辞めれないときの対処法

 

 

 

 

・辞められないなら幽霊部員になったって良い。

・部活で使った道具などのお金は自分で親に返す

・バレー部顧問の悪行をネットにさらす

 

 

 

 

 

大前提として、辞めたい部活なんて辞めて良いんだよ。

部活の顧問が何て言おうが、あなたの親が何て言おうが、あなたが辞めたいなら部活なんて辞めて良い。

もちろん、部活の顧問に「部活辞めたい」って言いづらいのは分かる。

でもさ、あなたの人生はあなたの物だし、あなたが人生を選択する権利がある

あなたが部活辞めたいのであれば、バレー部を辞めて良い。

たとえ、あなたの親に反対されたとしても、部活が嫌いで自殺するよりかは、部活辞めた方が良いじゃん?

 

最悪、バレー部の幽霊部員になったって良いんだよ。

辞めたい部活なんてバックレても良い。

 

ただ、部活の同級生からは色々言わるだろうし、バレー部ではそういうキャラ扱いにはなる。

【部活が辛くて逃げた奴】ってイメージは付くだろうし、【退部もしてないバレー部の幽霊部員】って称号を与えられる事は間違いない。

でも、部活が辛くて辞めたいなら辞めて良いし、バレー部辞められないなら幽霊になっても良い。

 

 

部活辞めるのは甘えとか、顧問が嫌いで辞めたいなんてありえないって言う先生もいる。

「社会に出たら嫌いな上司と仕事するのは普通、顧問が嫌いなくらい我慢できないと駄目だぞ!」とか言ってくる大人もいる。

 

だけど、そんなの関係ないよ。

辛いことはからは逃げて良いし、そうやって逃げて逃げて逃げ回った結果、逃げなくてもやっていけそうなコミュニティーや仕事に就けるもの。

嫌なものや辞めたいものからは逃げて良い。

 

ただし、逃げる代わりにどんどん色々なことをして、あなたの理想の地を見つけること。

辞めたいバレー部を辞めた分、他に何か好きなこと楽しいことを見つけて、それを頑張ること。

あなたが頑張れることを自分で見つけること。

それは、勉強でも良いし、他のスポーツでも良い。

遊びや恋愛だって良い。

ゲームやネット配信でも良い。

何でも良いから、バレーに代わる熱中できることを見つけな。

 

 

バレー部顧問が嫌いとか、練習が辛いって理由で部活辞めたいってのは逃げじゃないし、ハッキリ言って普通の考え方。

まぁ、この部活を辞めるのが逃げなのかどうかって議論については、下の記事にまとめたから読んでみて。

 

⇒⇒部活を辞めるのは逃げ?この風潮って何なの?!教師の言うことは無視した方が良い!

 

 

 

バレー部顧問や先生は、部活を辞めることを推奨は絶対にしない。

何故なら、部活やってもらってる方が生徒を管理やすいから。

それに、生徒には部活をやらせるってのが世間的な学校の方針だから。

その方針に背くような指導をしたり部活辞めたいって相談に乗ってしまうと、後で他の教師や校長に怒られるから。

 

要するに、あなたが部活を辞めたいと言ったところで、それを前向きに了承する先生はいないってこと。

部活を辞めることに関しては、教師なんてあなたの事を思って相談になんて乗ってくれないし、奴らは自分たちの都合の良いようにしか助言しないよ。

都合の良いように、部活を続けた方が良い理由や部活を辞めたときのデメリットを語ってくる。

でも、そんなのは無視して、あなたが部活を辞めたいなら強い意思を持ってバレー部を辞めなさい。

バレー部辞めたいって言ってもバレー部顧問が認めてくれないなら、最悪はバレー部の幽霊部員になっても良い。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

幽霊部員って許されるの? 

 

 

幽霊部員になると、バレー部の顧問から色々言われるかもしれない。

そしたら、部活の代わりに勉強を頑張ってみるのも1つの手。

勉強できる奴ってさ、とりあえず強めに怒られたりしないから。

 

まぁ、勉強できる生徒にだけ優しくするとか私は超嫌いだけど、そういう先生が多いのは事実。

だから、バレー部を幽霊部員になって何か言われてうざかったら、勉強頑張ってみるのも1つの手。

【辛い部活を辞めたいなら引き換えに勉強を頑張る】どっちを取るかはあなた次第だけどさ。

 

 

 

 

 

まぁ、勉強ができる人が偉いなんて私は思わないけどね。

勉強ができて良い高校へ行って、良い大学へ行って良い会社に就職することが偉いとも思わない。

 

実際、そこらのサラリーマンよりも高校生のYouTuberの方が稼いでる時代だし。

学力で収入が上がる世の中は、時代として終わりを迎えてる。

会社に就職して働くっていうのも、時代としては遅れてる考え方。

 

高校生でメッチャ稼いでる人もいるし、大学生で会社を起業してる人だって沢山いる。

そういう人達が実は沢山いるってことを知らないのは、単にあなたが世の中を広い目で見て観察してないから。

もちろん、学校の先生や親だってアホばっかりだから、こんな現実があるってことを知らないよ。

でもさ、もっと広い視野で物事を見たり、色んな人と出会ってると、世の中には若くして優秀な人や凄い人って沢山いるんだよね。

それこそ、今時は中学生で大人より稼いでる人って沢山いるし、大学生にもなれば社長って人はそこらじゅうにいる。

 

 

先生たちは、先生たちが子どもだった頃の古い常識や考え方で教育を行ってるから、ぶっちゃけ時代遅れも良いところ。

だから、学校の先生の言うことなんて信じない方が良いし、先生の言うことなんてシカトして生きていっても全く問題ない。

 

もちろん、勉強できる奴が偉いとも私は思わない。

だけど、辞めたい部活なんかをやってるよりかは、まだ勉強してる方が将来的には役に立つよ。

部活辞めて勉強頑張るっていうのも、部活を続けるよりかはマシ。

認めたくはないけど、学校という世界の中じゃ、勉強できる奴は先生から厳しく怒られないってのが現実だしね。

 

⇒⇒部活が辛い!行きたくない!100%辞めることが出来る正当な理由はこれだ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

部活にかかったお金は自分で親に返す

 

 

部活を始めるに当たり、部活に必要な道具を買ったはず。

バレーに必要な道具を親に買ってもらったはず。

 

だから、親の了承なしに勝手に部活を辞めるのは難しいし、お金のことで親にツッコまれる可能性は高い。

「せっかく買ったんだからバレー続けなさい」こんな風に親に言われて、辞めたいけどバレー部辞められないって人も多い。

 

 

そしたら、部活をするために使った道具のお金は、自分で返しな。

お金が理由で親に申し訳ないとか、親から部活辞めるのを反対されてるなら、お金はちゃんと自分で返すってすれば良い。

 

・今あるお年玉の貯金で返せるかどうか?

・お小遣いを貯めて返すか?

 

どっちでも良いじゃん。

お年玉貯めてあって、それで部活で使ったお金を全部返せるならそれで解決だし。

今すぐ返せないってなら、お小遣い分割で差し引いてもらうってすれば良い。

 

部活が心の底から嫌いで辞めたいんだったら、お金よりも部活辞めることを取るでしょ?

お金を払ってでも今すぐ部活を辞めたいって意思が伝われば、親だって部活辞めるのを許してくれるよ。

バレー部で使ったお金を自分で返すなら、申し訳ないって気持ちもなくスッキリと部活辞められるしね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顧問の悪行をネットにさらしてやれ!

 

 

部活の顧問がメチャクチャ怖くてバレー辞めたいって人も多い。

しかも、この手のバレー部顧問は、あなたが「部活辞めたい」と言っても認めてくれない。

認めてくれないってか、そもそも辞めたいって言えないよね?

それだけ怖いバレー部顧問に対して辞めたいなんて言えないし、言ったら言ったで怒鳴られそうで怖いよな。

 

そういうときは、バレー部顧問が恫喝したり体罰してるところを動画で撮影して、ツイッターやYouTubeで拡散して良い

タイトルやハッシュタグも工夫して、学校関係者や同じ学校の学生が見つけやすいものに工夫すること。

学校名や教師の名前、教師のあだ名や特徴、部活や体罰といったハッシュタグを入れること。

 

これで、同じ学校の学生が動画やツイートを見つけやすくなるし、拡散しやすくなる。

この拡散によって、恫喝したり体罰してることが学校側や親たちに知れたら、バレー部顧問の立場は追いやられる。

当然、部活の顧問は今のやり方を変えざるおえないし、バレー部を辞めたい人の退部を認めざるおえなくなる。

 

 

だから、ネットの力を使い、バレー部の顧問が今のやり方を変えたり退部を認めてくれるくらいまで精神的に追い込んじゃえ。

てか、SNSが普及してる現代は、体罰や恫喝がすぐにバレる時代。

そんな時代の中で、今だに恫喝や体罰といった指導をしてるなんてバカなんじゃないの?

 

そういうところも踏まえて、教師なんてバカばっかりだし、時代の流れに付いてこれてない教師ばっかり。

だから、別に教師の言うことなんて聞かなくても良いんだよね。

あいつらバカだから。

 

 

 

 

 

生徒側には、生徒を守ってくれる後ろ盾がある。

SNSでバレー部顧問の顔を晒して拡散しても良いし、教育委員会に直接電話してやっても良い。

教師と生徒がモメたら、生徒側は絶対に勝てるし、ネットの力を使えばバレー部顧問なんて余裕で倒せる。

下手したら、ニュースに取り上げられてバレー部顧問がクビになるレベルの後ろ盾がある。

 

だけど、目の前のバレー部顧問が怖すぎて、それだけ強力な後ろ盾があることに気がつけてない生徒も多い。

強力な後ろ盾を使えてない生徒も多い。

 

でも、生徒とバレー部顧問がモメたら、生徒側はまず勝てるから強気でいて良いよ。

SNSで学校の人達に拡散させたら、バレー部顧問なんて一発で終わるし、恫喝や体罰の証拠動画の拡散に成功したら余裕でクビになるからね。

 

正面からバレー部顧問と戦っても勝てないだろうから、もっと頭を使って不意打ち食らわせてやれ。

生徒を守ってくれ後ろ盾は沢山あるけど、バレー部顧問を守ってくれる後ろ盾ってないんだよ。

それなのに、強気で恫喝や体罰をやってるバレー部顧問って頭悪いすぎる。

SNSが普及してる時代に恫喝や体罰やってるバレー部顧問って、マジで頭わるすぎるからね。

頭悪いってか、よくそんな危険なこと出来ますねって話。

 

 

モンハンで言うと、防具ないのに強気でモンスターを狩りに行ってる頭悪い奴がバレー部顧問。

しかも、自分が防具ついてないってことにすら気がついてない。

 

生徒の方は、初期装備しかないのにモンスター狩りに行ってる状態。

でも、ハンターランクMaxの3人が、一緒に狩りについて来てくれてるから安心って状態。

それなのに、他の3人が一緒に狩りに来てるってことに気付かずビビってるのが、バレー部顧問にビビってる生徒のパターン。

 

これが、後ろ盾もないの調子乗ってるバレー部顧問と、後ろ盾があるけどバレー部顧問にビビって何もできてない生徒の関係性。

だから、バレー部顧問が何と言おうと、辞めたいなら部活なて辞めて良いんだよ。

そもそも、部活辞めるのをバレー部顧問に承認してもらう必要もないし。

バレー部顧問が嫌いで辞めたいから部活辞める、バレー部顧問が認めてくれないから幽霊部員になる。

これでまったく問題ない。

 

バレー部顧問に体罰されたり恫喝されたら、ネットの力を使って顧問の教師生命を終わらせてやれ。

1度ネットで拡散された体罰や恫喝の動画は消えることがないから、バレー部顧問が他の学校に移動しても関係ない。

そのバレー部顧問は一生、体罰教師として生きていくことになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

部活なんて辞めたいなら辞めちゃえ!

世の中には、部活なんかより楽しいことって沢山あるし、辞めたいような部活に使ってる時間はないよ。

そう考えると、部活を辞めて他に好きなことをやってる人って、メチャクチャ有意義な人生を送ってるよね?

 

まぁ、バレー部顧問に「部活辞めたい」って言うのは怖いもの。

あなたが部活辞めたいとしても、親が部活辞めるのを認めてくれないってことは多々ある。

だけど、そういうときは以下の方法を試してみて。

 

 

 

・辞められないなら幽霊部員になったって良い。

・部活で使った道具などのお金は自分で親に返す

・バレー部顧問の悪行をネットにさらす

 

 

 

 

バレー部顧問に辞めると言うのは怖いし、そこは絶対に戦いになるかもしれない。

だけどの、その辛い部分を乗り越えた先に部活から解放された自由がある。

だから、後々に控えてる楽しいことのために、目の前にあるバレー部顧問との戦いという辛いことを頑張るってのは必要。

 

これは、これからの人生でも必要になってくる。

目の間の辛いことを頑張った先に楽しいことが待ってるってのはよくあるし、ここは乗り越えられる力がないと将来的には困る。

だから、頑張れ!

 

頑張って怖いバレー部顧問に立ち向かい、部活を辞めれるように努力しよう。

それが出来ないほどに顧問が怖いなら、部活を辞めたいって言わなくても良い。

最悪は、幽霊部員になってった良い。

 

だけど、辞めたい部活を続けることに意味はないし、無理して続けても害しかないから気をつけて。

辞めたい部活を無理して続けるって選択だけはしないようにね。

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。

コメント(必須)



コメント