一人暮らしで食費3万円って多い?自炊せずに節約する裏ワザ!

一人暮らしをしていると、家事は自分でやらないといけない。

掃除、洗濯、料理。

どれも大変だし時間がかかる。

仕事をしている一人暮らしとしては、時間がないし家事って面倒臭い。

 

だからこそ、料理をあんまりしない一人暮らしも多い。

コンビニやスーパーで買った出来合いの物を食べる。

 

 

だけど、自分で料理をしないと、どうしても食費が高くなってしまう。

あるいていど自炊していたしても、食費が月々3万円になってしまう一人暮らしは多い。

 

お金もないし食費を節約したいけど、毎回スーパーに行って食材を買って料理するのって大変。

食費が月々3万円前後という一人暮らしは多い。

 

だけど、この食費3万円って世間的には多い方なんだろうか?

本来は、もっと食費を節約するべきなんだろうか?

実際、一人暮らしで食費が月々3万円って、基準としては普通なのかどうかって分からない。

 

 

そこで今回は、

【一人暮らしで食費3万円は多いのか少ないのか?】

これについてまとめてみた。

 

スポンサーリンク

平均は食費3万円

食費が3万円より安くできずに悩んでる一人暮らしもいる。

一人暮らしの中には、「食費3万円以下って無理だろ!」って言ってる人もいる。

どれだけ自炊しても食費が3万円より安くならない。

 

じゃあ、一人暮らしで食費3万円が多いのか少ないのかって言うと。。。

 

  • 食費3万円は妥当。
  • 自炊しても節約にはならない。
  • 1日3食を止めるべき。

 

一人暮らしをしている社会人であれば、食費が月々3万円前後ってのは普通。

平均として、一人暮らしの食費は3万円前後。

 

これ以上節約しようとすると、かなり意識して食事をしたり買い物をする必要が出てくる。

そして何より、一人暮らしの人が自炊して食費を節約しようとしても、それは無駄な行為。

どれだけ自炊しようとも、一人暮らしだと食費3万円が妥当な数字。

 

食費3万円より安くしたいなら、1日3食を止めるしかない。

1日1食とまでは行かずとも、1日1.5食くらいの量にする必要がある。

そしたら、食費が3万円より安くできる。

 

スポンサーリンク

自炊しても節約にならない

一人暮らしが食費を減らすとなると、まず自炊するべき。

自炊したら食費は安く済むし、月々3万円以下に抑えることも可能。

可能ではあるけど・・・

 

自炊すると節約は出来るが時間を浪費することになる。

 

 

世の中の一人暮らしは、節約と時間のバランスを取ることが出来てない。

どれだけ食費を節約したとしても、節約するために多くの時間を費やしていると、それは本当の節約にはなっていない。

 

もしバイトしたら時給1,000円として。

  • ・スーパーでお弁当を買うと500円。
  • ・自炊したら1回分の食費は計算上150円くらいになる。

ただし、料理を作るのに30分かかっていたら?

時給1,000円なので30分で500円稼げます。

つまり、自炊して1食150円でも料理に30分かけてたら節約にはなっていないってことです。

 

この時間と節約のバランスを考えることは非常に大切。

食費を節約するのにどれだけの時間を要し、それに対していくらの節約効果が見込めるかを考えた方が良いです。

どれだけ食費を節約したしても、その節約をするためにスーパーへ買い出しに行って料理をして水道やガスを使う。

これで本当に節約になっているか考えてみましょう。

 

一人暮らしが食費を節約するために自炊するよりは、スーパーで出来合いの物を買って時間を節約してバイトに充てた方が、お金は増えますよ。

もちろん、社会人であればバイトできなでしょうけど、あなたの1時間には最低でも1,000円の価値があるってことです。

節約するために自炊して30分の時間を使うのであれば、そこで500円以上の節約効果を生まないと損してるってことです。

 

時間を失うというのは、お金を失っているのと同じ行為です。

どれだけ自炊して食費を削り、月々3万円以下に抑えられたとしても、その節約のためにどれだけの時間を要してきたか。

毎日の自炊で1日30分、1ヶ月だと15時間使っています。

時給1,000円としたら1ヶ月で15,000円ですね。

 

スポンサーリンク

おまけに、自炊すると水道代や光熱費は増えます。

そこまで考えた上で、どこまで自炊して食費を節約するか考えた方が良いですよ。

 

これを考えると、一人暮らしの場合は食費3万円が妥当な数字ってことです。

一人暮らしがこれ以上食費を節約するとなると、節約のために時間を無駄にしてしまう可能性があります。

 

 

ちなみに、一人暮らしだと料理以外にもやるべき家事が沢山ありますよね?

それらの家事に関しても、あまり時間をかけずにサッサと済ませたいもの。

そこで、家事が苦手な一人暮らしでも、超簡単かつ短時間で家事を済ませる方法についてまとめたので以下の記事を読んでみて。

⇒⇒一人暮らしで家事のやり方わからない!ド素人でも出来る3つの裏技!

 

自炊より食事回数を減らす

食費を節約したいのであれば、自炊するよりも食事回数を減らした方が良いです。

一人暮らしが1日3食で食費3万円以下はキツイです。

仮に食費3万円以下を達成したとしても、それは時間を無駄にしてる筈なので無意味な節約です。

その節約をするなら、バイトして弁当買った方がお金は増えます。

 

じゃあ、一人暮らしが本当の意味で食費を3万円以下に抑えるにはどうしたら良いか?

それは、1日1食か1.5食に抑えるということです。

 

 

そもそも、1日3食というのは人の体に良くありません。

人間は食べ物を消化するのに物凄くエネルギーを使います。

 

ご飯を食べると眠くなりますよね?

あれは、ご飯を食べると消化にエネルギーが割かれてしまい、脳の回転が遅くなるからです。

そして、休憩を取って下さいという指令が脳から発せられ、体を休めるために眠気が襲ってきます。

 

つまり、人はご飯を食べるとエネルギーを使う訳です。

そして、その行為を1日に3回も行うというのは体に良くありません。

1日3食というのは、本来のサイクルではありません。

1日3食というのは、食費メーカーやスーパーが売り上げを増やす為に出した情報です。

昔の人は、1日に3回も食事していませんでしたよ。

 

 

だから、食事を1日1食か1.5食に減らしたとしても、人の体には悪くありません。

むしろ、消化にエネルギーを割かなくなるので、脳みそが常に活性化されて集中力も増します。

おまけに食費だって抑えられます。

 

1日1食か1.5食であれば、一人暮らしで食費3万円以下は楽勝です。

 

ただ、いきなり食事回数を減らすとお腹が減って辛いので、徐々に徐々に食事回数を減らしていきましょう。

最終的に、1日1食まで減らせればオッケーです。

 

 

それと、お腹が減ったときはガムを噛むと満腹になりますよ

顎も鍛えられますし歯も健康的になります。

 

あとは、チョコやナッツ、海苔や納豆を間食するとお腹も膨れますし健康にも良いです

食べるときは良く噛んで食べて下さいね。

これもお腹が満腹になりますし、口回りの筋肉が鍛えられて健康に良いです。

これやってると、将来的にシワも少なくなりますよ~

 

 

一人暮らしで食費を3万円以内にするなら、自炊するよりも、食事回数を減らすしかありません。

過度な自炊は時間の無駄です。

 

食材をまとめて買うのはNG

どれだけ食事回数を減らしたとしても、まったく食事をしない訳にはいきません。

1日1食まで食事回数を減らしたとしても、食事をするなら料理をする必要があります。

その為には、スーパーへ食材を買いに行く必要がありますよね?

 

このとき、一人暮らしの方はスーパーへ何度も行くのが面倒くさいという理由で、食材をまとめて買ってしまいがちです。

スーパーで安売りされている日に、出来る限りまとめて食材を買う。

これをやると、一人暮らしで食費3万円未満を達成するのは難しいです。

 

 

一人暮らしで食費3万円未満を目指すなら、週2,3回のペースでスーパーへ買い物しに行きましょう。

そして、少しずつ買い物をし、その日に安売りしている物だけを買います。

 

週に1度だけスーパーへ行って食材をまとめ買いするとなると、どうしても安くない食材まで買ってしまいます。

更に、自炊するときも多くの食材を贅沢に使ってしまったり、買った食材を使い切ろうとして無駄に大盛りになったり。

すると、結果的に食費が3万円を超えてくるんです。

 

だから、2,3日先で食べるであろう量の食材をだけを買います。

そして、こまめに食材を買ってこまめに料理する生活にしていく。

 

 

スーパーで食材を買うときは、なるべく献立は決めずに買い物しましょう。

とにかく安く売っている食材を買い、何を作るかは食材を買い終わってから考えます。

 

 

たとえば、卵が特売の日にスーパーへ行き、この時点でチャーハンが食べたいと決めてしまう。

そうすると、安くない長ネギや肉まで買ってしまいます。

 

しかし、特売の卵を買って、特売のナスを買って、特売の牛乳とチーズを買って・・・

安い食材をとにかく買い終わってから、その食材で何を作るか考えていきます。

この場合だと、「ナスのカルボナーラ」とかいけそうですね。

「ナスのシチュー」とかも出来そう。

 

大概の食材は、切って煮込んで味付けすれば美味しく食べれます。

冷蔵庫にある食材を適当に切って、鍋にぶち込んで味付けしたらメッチャ美味しいです。

味噌で味付けしたら味噌汁になりますし、フライパンで炒めて焼き肉のタレで味付けしても絶対上手い!

一人暮らしの料理なんて、こんなもんですよね?

 

 

要するに、どんな食材でも切って炒めるか煮込むかして味付けをすれば、何でも美味しく食べれるってことです。

どの食材を買ったとしても、美味しく食べれます。

 

だからこそ、その日スーパーへ行って安い食材をとにかく買ってしまえば、何を作るかは後でどうにでもなるんです。

一人暮らしなら、買い物する前から献立を決めておく必要はありません。

 

安売りしている食材を買って、それで何かを作るってスタンスでいると、食費も3万円以下に抑えられますよ。

 

まとめ

一人暮らしをしていると、ついつい食費が高くなってしまうもの。

出来合いの物を買って食べたり、おかしばっかり食べたり。

そして、一人暮らしで食費が3万円を超えてくる。

 

ただ、この食費3万円という数字が、世間一般的に高いのかどうかって言うと。。。

 

  • 食費3万円は妥当。
  • 自炊しても節約にはならない
  • 1日3食を止めるべき。

 

一人暮らしで食費が3万円であれば、それは決して高い方ではない。

もちろん、もっと食費を節約して月々2万円という一人暮らしもいます。

 

だけど、その食費を達成するためには、かなり時間を割いて節約しているはず。

買い物や料理に多くの時間を割きすぎて、むしろ時間的には費用対効果がマイナスになっている可能性もあります。

 

だから、あんまり過度に食費を抑えるのはオススメしません

一人暮らしで食費が3万円ということであれば、それは妥当な数字です。

 

もし、この食費3万円よりも安く抑えたいのであれば、あとは食事を1日1食か1.5食に抑えるべきですね。

そしたら、一人暮らしで食費3万円未満も達成できますよ♪

 


スポンサーリンク

関連記事と広告