バイク欲しいけどお金ない!諦めるべきか?250CCならいける?

  1. Home
  2. バイク欲しいけどお金ない!諦めるべきか?250CCならいける?

2018-08-05 16:48:14

カテゴリー:学生

バイクって格好良いよね?

バイクのフォルムやデザインも格好良いし、エンジンのブォンブォンって音も格好良い。

スピードに乗って風を受けながらバイクでツーリングなんてのも最高。

バイクが好きだしバイクが欲しいって男は多い。

 

そんなバイクだけど、バイクってお金かかるじゃん?

バイクそのものを買うのだってお金かかるし、中古で買ったとしても40万円以上はする。

もちろん、何CCのバイクが欲しいのかによって必要なお金も変わってくるけど。

それ以外にも、バイクのメンテナンスや車検、保険や税金といったバイクの維持費にもお金がかかる。

 

結果、バイクは欲しいけどお金がないってなるんだよな~

実際、バイクが欲しいんだけどお金がないって悩んでるいる男性は多い。

 

 

あなたがサラリーマンだとしたら、毎月20万円ほどの給料は入ってくるだろうし、数ヶ月貯金すれば欲しいバイクを買うことだって出来る。

だけど、あなたが大学生だとしたら、そう簡単にバイクは買えないよね?

大学生がバイトで頑張って稼ぐとしても、欲しいバイクを買ってバイクの維持費も考えたら、お金は足りない。

 

それに、バイクが欲しいならバイクの免許だって必要。

バイクの免許を取るだけでもお金はかかるし、免許を取ってバイクも買ってとなると、どう考えてもお金が足りない。

 

じゃあ、ローンでバイクを買うか?

でも、大学生がバイクでローンを組むことって出来るんだろうか?

そもそも、お金がない癖にローンしてまでバイクを買うのってどうなんだろう?

 

 

そこで今回は、

【バイクが欲しいけどお金がないときどうしたら良いか?】

これについてまとめてみた。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

お金ないならバイクは諦める

 

 

どうしてもバイクが欲しいってなると、バイクをどうにか手に入れる方法を考える。

バイトしまくるかローンを組むか・・・

現状お金はないけどバイクは欲しいから、なんとかバイクを手に入れようとするけど。。。

 

お金がないならバイクは諦めた方が良い。

バイクを買ってからもお金はかかり続ける。

バイクを買うことはリスクばかり。

 

 

お金がないのであれば、無理して欲しいバイクを買うことはオススメしない。

たとえ、お金を集めて欲しいバイクを買ったとしても、バイクを維持するためにもお金は必要になってくる。

バイクの税金だって支払わないといけない。

 

それなのに、バイクは事故って大破したらそれで終わり

あなたが事故を起こさなくても事故に巻き込まれるかもしれない。

事故が起きれば誰に責任があるのかモメるよね?

 

それに、バイクが盗難されるかもしれない

知らぬ間にバイクを傷つけられるかもしれない。

高いお金を出して欲しいバイクを買ったとしても、そのバイクが1発で大破したり傷ついたり、バイクを買うことはリスクでしかない。

バイクを買えば今後もバイクにお金がかかり続けるし、お金がないならバイクを買うべきじゃない。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

バイクを買うことはリスクばかり

 

 

もともとバイクってお金がかかる。

バイクの免許を取るだけでも随分とお金が必要。

それにも関わらず、バイクはお金を消費することしかしない。

バイクを買った後も、バイクはお金を食い続ける。

 

・車検

・メンテナンス

・税金

・保険

・ガソリン

 

バイクはお金を生み出さない癖に、あなたのお金をどんどん食い続ける。

お金に無理をして欲しいバイクを買っても良いけど、バイクは買った後もお金がかかる。

 

 

それにも関わらず、バイクを失うときは一瞬。

バイクが盗まれる可能性だってある。

事故で大破する可能性もある。

 

 

バイクは鍵をかけても盗まれる

バイクを本気で盗む奴らって、バイクごと持ち上げてトラックに積んで盗んでいくんだよ。

 

たとえば、あなたがバイクでツーリングをして、途中のパーキングエリアでバイクを止めていたとしよう。

そうすると、窃盗集団があなたのバイクを4人かかりで持ち上げて、そのままトラックに積んでバイクを盗んでいく。

バイクの鍵なんてあとで壊せば良いし、バイクにチェーンがしてあったら切れば良いだけ。

 

 

つまり、本気の窃盗集団を相手にしたら、バイクなんてどれだけロックしていても盗まれるってこと。

バイクは売ればお金になるし、車よりも手頃に盗めるから盗まれる可能性が高い。

あなたが高いお金を出して欲しいバイク買ったとしても、盗まれれば一瞬でバイクは無くなる。

 

 


 

 

バイクの事故だって同じ。

あなたが事故を起こしてバイクを大破させてしまったら、それでバイクは終了。

お金がないのに無理して欲しいバイクを買ったとしても、大破させたらバイクは戻ってこない。

その事故が、バイクを買って1ヶ月以内に起こる可能性だってありえる。

 

もし、あなたがバイクで事故を起こさなかったとしても、事故に巻き込まれる可能性だってある。

車にバイクをぶつけられたとか。

それで相手に修理代を出してもらおうとしても、どっちにどれだけの責任があるかって絶対にモメるよね?

あなたが被害者だとしても、事故を起こした方はお金を払いたくないだろうし、ごねるに決まっている。

 

ちなみに、バイクで信号待ちのとき擦り抜けして信号の前まで出る行為は、事故を起こす可能性が高いので止めた方が良いよ。

それについては下記記事でまとめたからチェックしておいて。

⇒⇒バイクは信号待ちで前に出るのOK?【事故るから止めた方が良い!】

 

 

バイクってお金がかかるけど、その割にはバイクを失うリスクって高い。

バイクを失うリスクを考えたら、お金に余裕がない間はバイクなんて買わない方が良い。

 

そもそも、欲しいバイクを買う前に、もっと他にお金を使うところがあるでしょ?

ただでさえお金がないんだったら、バイクにお金ををかけるより他のことにお金かけた方が良いよ。

将来のためのスキルアップや資格取得とか。

 

お金持ちになる人は、こういった能力アップのためにお金を沢山使うんだよ。

そして、能力アップをしていくことによってお金を沢山稼げるようになり、それから欲しいバイクとかを買う。

まぁ、お金持ちになる人がどういったことにお金を使っているかは下の動画で説明されてるから絶対に見ておいて。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

バイクにかかる費用はどれくらい?

 

 

バイクが欲しいってなると、大体は400CCのバイクが欲しいって感じだよね?

だけど、400CCのバイクってお金がかかる。

そこで、400CCのバイクが欲しいけどお金ないから250CCのバイクにするかって考える人も多い。

 

じゃあ、実際に250CCのバイクと400CCのバイクだと、どれくらいの費用がかかるのかまとめてみた。

 

250CCのバイク

400CCのバイク

中古なら手頃に買える金額。

バイクの金額が高い

購入後の諸々の出費は月10,000万円くらい。

購入後の諸々の出費は月11,000円くらい。

免許取得に15万円ほど。

免許取得に20万円くらい。

車検が必要ない

車検が必要

 

 

まずもって、250CCのバイクであれば中古の場合は手頃な金額で購入できる。

それこそ、お金がない大学生でも頑張れば手が届く範囲。

 

だけど、バイクを購入した後の保険や税金といった諸々の維持費用を考えてみると、250CCのバイクと400CCのバイクで金額はあまり変わらない。

400CCのバイクは車検があるが、車検を考慮した上で月11,000円くらいで済んでしまう。

もちろん、車検をするという手間はあるが、250CCののバイクも400CCのバイクも、諸々の維持費は変わらないということ。

 

ただ、免許取得にかかる費用や、バイクその物の金額は異なってくる。

当然、400CCの方がバイクの金額が高い。

だけど、400CCの方がバイクの安定性も高いし、長距離でツーリングをしたいなら400CCのバイクが適しているよ

 

まぁ、これらの金額を考慮した上で、お金がない状態でも無理して欲しいバイクを買うかどうか検討してみると良い。

私は、お金がない状態でバイクを買うことはオススメしない。

それは、バイクを買った後にバイクを失うリスクが高いから。

そして、バイクは買った後もお金を食い続けるから。

 

 

 

 

 

貧乏人に限ってバイクを買うんだよな

 

 

バイクを買うこと自体は良い。

私もバイクは格好良いと思うし、バイクは欲しい。

バイクでツーリングって楽しいそうだし。

春に桜並木をツーリングしたり、秋に紅葉を見ながらツーリングとか最高じゃん?

 

だけど、現状お金がないなら欲しいバイクなんて買わない方が良い。

お金がないけどバイクが欲しいって悩むんだったら、お金を稼ぐ方法を勉強してお金持ちになった方が早いから。

お金を稼ぐための勉強をする為に、本を沢山買ったりスキルアップすることにお金を使った方が将来的にお金が稼げるから。

 

つまり、お金がないならお金を稼げる優秀な人間になれば良いし、そうやって沢山のお金を稼げるようになってから欲しいバイクを買えば良いってこと。

いまどき、パソコンとやる気さえあれば、パソコン使っていくらでもお金を稼げる。

副業で月10万円稼ぐとか普通にできるし。

 

ちゃんと勉強してお金を払ってスキルを磨いた上でパソコン使えば、月に10万円くらいなら稼げる様になるよ。

そうやってお金を稼ぐ術を身に付けてから、欲しいバイクをお金なんて気にせず買えば良い。

 

 

 

 

 

お金がない人に限ってバイクとかを買っちゃうんだよね(汗)

お金持ちは知識や資産に投資するが、貧乏人に限って資産価値が低下していく物にお金を使ってしまう。

たとえば、家や車やバイク。

 

家は新築で買ったとしても、人が住み始めた瞬間から新築じゃなくなり資産価値は低下していく。

おまけに地震で倒壊したり豪雨で浸水したり火事になったら終了。

家はお金がメッチャかかる癖に、失うリスクが高くて資産価値も低下してくから最悪な買い物。

 

車やバイクだって同じ。

車やバイク、家は買った瞬間から資産価値が低下していき、あなたにお金をもたらさない。

それどころか、税金や保険代金なんかで、あなたのお金をどんどん食い潰していく。

 

だけど、貧乏人はこういった物に真っ先にお金を使うんだよね。

だから、一生貧乏人のままなんだよ。

 

 

一方でお金持ちは、資産価値が上がる物にお金を使う。

もしくは、知識を増やすことにお金を使い、それによって更にお金を稼ごうとする。

つまり、お金持ちに成り得る人間は投資をするんだよ。

 

お金持ちに成り得る人は、車を買うにしても資産価値が上がるであろう車を買う。

車を買った2年後にその車を買ったときの価格とほぼ同等の価格で売りさばき、また別の欲しい車を買うんだよね。

つまり、車を買うときでさえ資産価値が下がらない車種を選ぶ。

これが、貧乏人に成り得る人間とお金持ちに成り得る人間の違い。

 

お金持ちに成り得る人間と貧乏に成り得る人間の違いについては、下の動画でメッチャ詳しく面白く説明されているからチェックしてみて。

 

 

 

お金がないのであれば、まずは知識やスキルにお金を使う。

そして、お金を稼げる人間になる。

自分に対しても物に対しても投資をする。

 

貧乏人は、お金がないだけでなく知識やスキルもない癖に、いきなり資産価値の上がらない物を買ってしまう。

お金がないのに無理して欲しいバイクなどを買おうとする。

 

欲しいバイクを買ったところでバイクはお金を稼いでくれないし、寧ろあなたのお金を食い潰していく。

そんな物にお金がない状態のあなたがお金を使ってしまうから、貧乏の悪循環にハマる。

 

だから、お金がないなら無理してバイクを買わない方が良いんだよ。

バイクよりも先に、お金を使うべきところが存在するから。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

バイクって、確かに格好良いしツーリングも楽しそう。

私もバイクは格好良いと思うし、バイク欲しいよ。

だけど、バイクはお金がかかるし、バイク欲しいけどお金がない人って沢山いる。

 

じゃあ、そんなお金のない人がバイク欲しいときはどうしたら良いかって言ったら。。。

 

お金がないならバイクは諦めた方が良い。

バイクを買ってからもお金はかかり続ける。

バイクを買うことはリスクばかり。

 

 

私もバイクは欲しいけど、まだバイクを買える様な人間じゃないと思っている。

バイクを買うよりも、他にお金を使うところがあるから。

それは、知識を得るためであったりスキルアップをすること。

そのために私はお金を使う。

 

あとは、旅行して経験を得るためにもお金を使う。

旅行して自分の知らない景色や世界に触れることで感性は磨かれるし、それはお金を稼ぐ上でとても役立つ感覚。

 

だから、私は知識とスキルと経験を得るためにお金をどんどん使う

それでお金に余裕が出てき始めてから、欲しいバイクをお金なんて気にせず買う。

 

あなたも、お金がないのであれば、たとえバイクが欲しいとしてもバイクは買わない方良いよ。

お金のない人間がバイクを買うというのは、貧乏人の悪循環にハマるということだからね。


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。

コメント(必須)



コメント