職場の嫌な奴に仕返しする方法!【私の職場で実際にあった出来事】

職場で、嫌な上司に嫌がらせをされたりパワハラをされるというのはよくある話です。職場の嫌な上司は、あなたにばかり怒ってきたり仕事を押し付けてきます。あなたは真面目に仕事へ取り組んでいるにも関わらず(汗)

しかし、そんな人にいつまでも嫌がらせをされ続けるのって嫌ですよね? そんな人間に対して、あなたがストレスを溜め込むのもアホらしいですよね?

あなたが辛い思いをしているのに、嫌な奴はストレスも溜めずにノウノウと生活を送っているのは理不尽です。

 

そんなときどうするかと言ったら「職場の嫌な人に仕返しをする」という一択だと思います。職場の嫌な人に仕返しをして思い知らせてやります。そうすることで、あなたに対する嫌がらせが止む可能性だってあります。

そこで今回は【職場の嫌な人に仕返しをする方法】これについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

仕返しをする方法

以下に、現実的かつ効果的な仕返しの方法とポイントをまとめました。

 
  • 証拠を押さえて労働基準監督署に報告
  • 相手にストレスを溜めさせる
  • 仕返し方法によっては法律に触れるので注意

最も安全で確実な仕返し方法は、嫌がらせをしているという証拠を押さえて上司に相談することです。そして、それでも解決しないことは多いので、労働基準監督署に相談をします。

もし、職場の上司や労働基準監督署に相談しても現状が改善されない場合は、嫌がらせをしてくる人に対してやる気のない態度や素っ気ない態度を取り続けます。

そして、あなたが嫌がらせをされたり過度に怒られているにも関わらず、やる気のない態度や素っ気ない態度を取っていると、相手は段々とイライラしてきてストレスが溜まってきます。

そうやって、相手に対してストレスを溜めさせる態度や行動を取り続けます。そうすると、相手も嫌がらせをすることに疲れてくるので、嫌がらせやパワハラが止まります。

もし、この方法でも嫌がらせが止まないようであれば、転職を考えるしかないです。嫌な人がいる職場からは逃げてしまうのが一番手っ取り早いといえば手っ取り早いです。

 

スポンサーリンク

嫌な奴はどんな職場にもいる

大前提として、職場の人間関係で悩んでいるのはあなただけではありません。世の中には、上司に嫌がらせをされたりヒドイ扱いを受けている人が沢山います。そして、仕返ししてやりたいと思っている人も多いです。

実際に、私の職場にも嫌な上司はいました。その上司は誰よりも仕事をせず、私に仕事をすべて押し付けていつも休憩室や喫煙所にいるんです。しかし、私に押し付けた仕事が少しでも残っていると、物凄く怒ってくる上司でした。

職場の人達も「あの上司クソだよね。クズでしょ。」と皆が言っていました。ただ、現場にいない上司や部署が異なる目上の人に対してはしっかりと対応をする上司だったので、同じ現場にいない人からの評価は高かったです(汗)

おまけに、私に押し付けた仕事の手柄はすべて嫌な上司に横取りされていましたし・・・

こういった最低な人間は、どんな職場にもいるものです。あなたのように真面目に働いている人間をカモにして、嫌がらせをしてきたり仕事をサボる上司はいます。

しかし、職場の嫌な人に面と向かって「ふざけんじゃねー!」と言ったり「お前のことが嫌いだから辞めてやるよ!」と言うなんて無理ですよね? そんなことを言う勇気は無いものです。

私も、嫌がらせをしてくる上司に向かってキレてやりたい気持ちは物凄くありましたけど、立場的に上司にキレるなんて無理でした。何より、キレる勇気なんて持ち合わせていませんでした。

そもそも、嫌がらせをしてくる上司にキレる勇気と度胸があるなら、きっと嫌がらせも受けないんでしょうね・・・

 

そんな、嫌がらせされても面と向かって文句を言ったりキレたりすることができないときは、もう仕返しをするしかありません。あなたのストレスを晴らすため、職場での嫌がらせを止めてもらうために仕返しをするべきです。

それでは、自分の身を守るために、職場での仕返し方法についてこれから詳しく説明していきます。

 

スポンサーリンク

証拠を押さえて報告

最も有効かつ安全な仕返し方法は、上司や労働基準監督署に相談することです。あなたが嫌がらせをされている証拠をしっかりと抑えた上で、上司や労働基準監督署に相談します。

会社によっては、会社で労働相談窓口を儲けています。上司のパワハラなどの相談を受ける窓口です。そこへ報告して対応してもらうためにも、まずはしっかりと証拠を押さえることが大切です。

 
  • ボイスレコーダー
  • スマホで動画撮影
  • 同僚の証言

これらを使ってできる限りの証拠を押さえておきます。常にボイスレコーダーで録音したりスマホで動画撮影できる準備をしておきます。そして、嫌がらせをされると思えば、その都度ボイスレコーダーなどで証拠を押さえましょう。

これらの証拠を押さえた上で、まずは上司に相談するべきです。それでも解決しないようであれば労働基準監督署に報告します。あなたに対して嫌がらせをしていた人は、降格させられたり飛ばされます。下手したらクビです。

 

スポンサーリンク

いじめている方は悪いと思っていない

あなたは、職場で嫌がらせを受けたりパワハラを受けて、ストレスを溜めていますし精神的にもダメージを受けています。しかし、あなたに嫌がらせをしている人は、あなたに対して何とも思っていません。

正直、あなたに嫌がらせをしている人であろうと人間ですし「少しくらいは悪いと思っている」と考えたいものですが、あなたに嫌がらせをしている人は悪と全く思っていません。悪気なんてこれっぽっちも感じていません

何故なら、あなたに嫌がらせすることを大した事と思っていないからです。嫌がらせをすることによって、あなたがどれだけのストレスを抱え込み、どれだけ精神的ダメージを受けているか分かっていないからです。

おそらく、あなたに嫌がらせをしている職場の人は「なんとく気に食わないし軽い気持ちでイジメてやろう」程度にしか思っていません。

だからこそ、あなたが嫌がらせに頑張って耐えたところで、現状はまったく改善されません。そもそも、加害者が悪いことをしているという自覚がないからです。

 
重要
あなたに嫌がらせしている職場の人は、嫌がらせをしても大事にはならないと油断している。

今のご時世、パワハラやセクハラには物凄く厳しいものです。1度のパワハラやセクハラで簡単に鎖線させられる会社もあります。そんなご時世にパワハラをしている訳ですから、やっている方はあまり自覚がありません。

多少の嫌がらせをしても問題ないと油断しているということです。正直、あなたが職場で嫌がらせを受けている証拠を押さえて労働基準監督署に報告すれば大事になりますから、相手は非常にマズイ事態に陥ります。

しかし、嫌がらせをしている本人は、そんな大事になるとは思ってもいません。だからこそ、悪気なく嫌がらせをし続けてきますし、その状況を打開するためにも労働基準監督署に報告するという仕返しが必要になります。

 

恫喝も法律違反

法律では恫喝も立派な犯罪です。職場の上司があなたに対して怒鳴りつけているだけでも法理的にはアウトです。それが、何度も何時間も怒鳴り続けているとなれば、完全にアウトです。

部下に対して長時間怒鳴り続けている上司はいるものですが、これは恫喝で立派なパワハラになります。しかし、怒鳴っている方の上司は、まさかこれが恫喝に値して法律に抵触しているなんて思ってもいません。

だからこそ、あなたを怒鳴ることに対して上司は悪気がありませんし、上司はパワハラとすら思っていません。もし、職場の上司に怒鳴り散らされ続けているのであれば、ボイスレコーダーで録音して労働基準監督署に報告です。

他にも、あなたが仕事でミスをして損失を出したとして、上司から「お前が責任取って金払えよ!」といったことを言われたならば恐喝罪です。金銭を要求する行為は恐喝罪に抵触します。

そこに加えて、「お前の給料で損失を補填しろよ!」と怒鳴り散らしていれば恫喝の罪も加わります。こういった恫喝や恐喝と呼ぶに値する行為は、様々な職場で行われているものです。

しかし、こういったものが表に露呈していないのは、嫌がらせをされている方が労働基準監督署に方向しないからです。職場で被害を受けている人が、泣き寝入りをしているからです。

それによって、あなたに嫌がらせをしても大事にならないと味をしめて、あなたは職場でさらに嫌がらせを受けます。

 

真面目な人は被害に遭う

残念なことに、職場で嫌がらせを受けるのは真面目で文句を言わない小心者な社員です。小心者な人は文句を言わずに真面目に働く人が多いというのもありますが・・・

真面目で小心者な社員は、嫌がらせをしても上司に相談したり労働基準監督署に報告したりしません。その為、あなたへの嫌がらせは加速しますし、嫌がらせをしている方は余裕な訳です。

さらに、真面目で小心者な人というのは、嫌がらせを受けても文句を言いません。以下のような状態です。

 

上司に仕事を押し付けられる。

仕事が多すぎてミスをする。

上司に怒られる。嫌がらせで長時間説教される。

あなたは心の中で「このクソ上司!お前が仕事を押し付け過ぎるからミスしてんだろうが!」とは思っていても、それを表情や態度に出すことはなく、素直に「すみません」と誤り、上司からの説教を真面目に聞く。

あなたが反発もせず文句も言ってこないので、嫌がらせをしている上司はストレスが溜まることもなく、あなたに対してただただ嫌がらせをできる。

もはや、あなたに嫌がらせをすることがストレス発散になる。あなたに嫌がらせをしても労働基準監督署に報告されないので、嫌がらせは更に加速する。

つまり、真面目に仕事に励み、嫌がらせの説教を受けても真剣に聞いている人は、嫌がらせの格好の標的にされる訳です。理不尽な話ですが、小心者で文句も言わず真面目に働く人ほど、上司から嫌がらせを受けます

実際に、私が以前に勤務していた会社で、真面目で部下想いな副店長に対して、店長が毎日の様に説教をしていました。副店長を1時間以上立ちっぱなしにして怒鳴りつけていたんです。結局、副店長は死んだ顔で仕事する人になりました。

結局のところ、

 
  • 真面目な人
  • 優しすぎる人
  • 人間できている人

こういった人は職場で嫌がらせを受ける標的になるものです。何故なら、こういった人に対して嫌がらせをしても大事にならないからです。

しかし、そんな嫌がらせを続けていた店長でしたが、ある日に会社の労働相談窓口へ連絡が入りパワハラが露呈し、その店長は突然いなくなったんです。

誰が労働相談窓口に報告したのかは分かりませんが、そのおかげで嫌がらせをする店長はいなくなり、副店長は以前の明るくて部下想いで元気な副店長に戻りました。

それから1年ほど経ってから、私の同僚が別の支店で以前の嫌がらせ店長を見かけたそうですが、その元店長は裏方の清掃係になっており、みすぼらしい格好をしてゴミ拾いをしていたそうです。

 

支店の店長まで登り詰めた人が、パワハラの露呈によって鎖線させられ下っ端のゴミ拾い係です。大したことじゃないと思いパワハラや嫌がらせを続けていると、こういった末路になるものです。

ですから、あなたが現在嫌がらせを受けているのであれば、我慢せずに上司や労働基準監督署に相談することが、最も効果的かつ手っ取り早い仕返しの方法です。

 

相手にストレスを溜めさせる

あなたに嫌がらせをしてくる職場の人間は、あなたに嫌がらせをしてもストレスが溜まらないから嫌がらせをし続けてきます。

もし、あなたに嫌がらせをするとお互いにストレスが溜まるという場合なら、嫌がらせする方も楽じゃありませんし、嫌がらせをするなんて下らないことに労力を割いていられません。

しかし、あなたに嫌がらせをしてもあなたは何も言い返してきませんし、労働基準監督署に報告する素振りもないとなると、あなたに嫌がらせをすることでストレス発散になります。

だから、【あなたに嫌がらせをしたらストレスが溜まる】という関係を築けば良いんです。嫌な上司があなたにパワハラをしてくるとして、パワハラする方もストレスが溜まるように仕向ければ良いんです

 

ストレスを溜めさせる方法

あなたに嫌がらせをしてくる人に対して、逆にストレスを溜めさせる方法は以下の3つです。

  1. 素っ気ない態度を取る
  2. やる気のない態度を取る
  3. 無表情で対応する

あなたは真面目な人ですよね? だからこそ、嫌がらせを受けたりパワハラを受けている最中も、真剣に対応していませんか? 嫌がらせで説教をされているときも真面目に説教を聞く。上司に嫌みを言われた際も反応してしまう。

こういったことをしていると、嫌がらせをする方としては面白いんです。あなたに嫌がらせをする職場の人は、あなたが嫌がったりダメージを受けているのを見ることが楽しいんです。

だからこそ、どんなに怒られたり嫌みを言われたとしても、あなたは反応せず意識せずを貫き通します。

 
  • 嫌がらせで説教されているときは「はい・・・はい・・・すみません」といった素っ気ない態度を取り続けます
  • 上司に嫌みなことを言われても無視したり「聞いていませんでした、もう一度お願いします」といった対応をします
  • 嫌がらせで仕事を大量に押し付けられたら「どうせ終わらないですよ」といったスタンスでやる気なく仕事に取り組む

こういった様に、素っ気なく、やる気なくを貫き通します。もう難しいことを考える必要はありません。嫌がらせをしてくる人と接するときは思考停止で構いません。会話するときも「はい」と「すみません」を連呼してください。

そうすると、「何だその態度は!」や「すみませんで済むと思っているのか!」といったことを言われますが、これを言われたら「すみません」と言い続けていれば良いです。

 
上司に説教をされるとして

上司「仕事がまったく出来てないぞ!」

あなた「はい」

上司「一体どうするんだ?!」

あなた「はい」

上司「はい、じゃないだろ!」

あなた「すみません」

上司「一体どう責任を取るんだ?」

あなた「すみません」

上司「すみませんじゃなく、どう責任を取るか聞いているんだ?」

あなた「わからないです」

上司「わからないで済むか!」

あなた「すみません」

上司「お前は本当に使えないな!」

あなた「すみません」

上司「お前みたい奴は辞めてしまえ」

あなた「すみません」

上司「なんだそのやる気のない態度は!」

あなた「はい、すみません」

上司「納期までに仕事が終わらないぞ!」

あなた「すみません」

この様に、思考停止状態で「はい」と「すみません」を連呼していれば問題ありません。やる気なく・素っ気なく・無表情で。こんな態度を取れば、さらに怒られますが、そうしたらまた「すみません」を連呼し続けます。

こういった態度を取り続けていると、あなたに嫌がらせをする方も物凄く疲れるものです。だからこそ、嫌がらせをしてくる職場の人に対しては、思考停止状態でやる気なく素っ気なく対応するんです。

あなたに嫌がらせをしたり怒鳴り散らしても、あなたが無表情でやる気のない態度で「すみません」を連呼していたら、嫌がらせをしている方もストレスが溜まりますよね?

 

あなたは、職場で嫌がらせをされてストレスを溜めている訳ですよね? しかし、よく考えてみてください。何も悪くないあなたが職場で嫌がらせをされてストレスを溜めるのって損ですよね?

嫌がらせをしてくる人はストレスを溜めない癖に、あなただけ真剣にストレスを溜めるなんてアホらしいです。だからこそ、あなたはストレスを溜めないように、素っ気なくやる気なく思考停止状態で対応すれば良いんです。

その対応の仕方を見て、嫌がらせをしてくる方がむしろストレスを溜めていきます。

 

相手の方から離れていく

あなたが職場で嫌がらせをされても、やる気なく素っ気なく対応していると、相手の方から嫌がらせをしてこなくなります。先程のように、あなたが「はい」と「すみません」を無表情で連呼していたら相手も疲れてきます。

あなたに嫌がらせをするとむしろストレスが溜まっていきます。「はい」と「すみません」しか言わない対応をされたらムカつきますよね? つまり、あなたに嫌がらせをするとストレスが溜まるので嫌がらせをしなくなります

あなたを相手にしていると疲れるので、もう相手にされなくなります。もっと言ってしまうと、どれだけ嫌がらせをされたり怒鳴りつけられたりしても、まったく無表情で「すみません」を連呼している人って怖いですよね?

 

嫌がらせをしている方としては、「こいつ何を考えているんだ?」といった思考状態に陥り、あなたの考えが読めなくて一種の恐怖になります。

 
  • ホラー映画を見ながら笑っている人って怖いですよね?
  • 殺人シーンが好きな人って変わっていますよね?
  • グロイの見てテンション上がる人って引きますよね?

感覚としてはこれと同じです。嫌がらせをしているのに全く反応しない人って怖いんです。

逆に、嫌がらせに対してあなたがリアクションしたりストレスを溜めてしまうと、嫌がらせをする方としては面白いので嫌がらせが加速します。職場で嫌がらせをされて、辛い思いをしているあなたの反応を見るのが楽しいんです。

怒鳴り散らされてビビっているあなたを見るのが、嫌がらせをする方の楽しみな訳です。あなたが嫌がらせに対して無反応かつ戦う気がなければ、相手も嫌がらせをしてこなくなります。

だからこそ、どんな嫌がらせをされても無表情でやる気なく無視するのが良いんです。職場で嫌がらせをしてくる人のことなんて考えない方が良いです。
説教されたときは何も考えずに聞き流します。

仕事を押し付けられたら、どうせ終わらないからこそ、やる気なく自分の分の仕事だけを確実にこなします。それで怒られたら、説教なんて聞き流して良いです。

説教はされるでしょうが、説教が終わるまで今日の夜ご飯を何にしようかでも考えていれば良いんです。職場での嫌がらせを相手にするだけ、あなたの脳みそが勿体無いです。

 

職場で嫌がらせを受けているなら、下記の本が物凄く参考になるので読んでみてください。あなたのように、使えない上司に振り回せれたり職場で嫌がらせを受けている人が、どうしたら良いのかをまとめてある本です。

 

あなたに出来ることは2つ

結局のところ、あなたが取れる選択肢は2つです。

  1. 嫌がらせを露呈させる
  2. あなたがが転職する

職場で嫌がらせを受けているのであれば、嫌がらせをしている方は法律違反です。パワハラやセクハラは立派な犯罪です。しかし、被害者が泣き寝入りしている事例が多いというだけです。

だから、上司に相談したり労働基準監督署に相談する訳ですが、それでも嫌がらせが改善されない場合もあります。その場合は、転職するのみです。

しかし、あなたは何も悪くないのに嫌がらせをされたから転職をし、嫌がらせをしていた方はノウノウと職場に居続けるというのも何だか納得がいきませんよね?

そうなると、その嫌な人に対して色々と仕返しをしようと考えるものですが、これ以上の仕返しは止めた方が良いです。なぜなら、仕返し方法によっては、法律に触れる恐れがあるからです。

嫌がらせをしてきた人の顔や名前をネットに晒すという仕返し方法もありますが、名誉毀損などで法理違反です。嫌がらせをしてきた人の名前や住所で何かを登録したり購入することも、下手すると詐欺罪にあたります。

相手の家に嫌がらせをして仕返するというのも、器物破損に抵触する可能性があります。ここら辺のことについは違う記事でまとめてあるので参考にしてみてください。

⇒⇒仕返しの方法でオススメしないもの3つ【それ、法律違反で犯罪行為】

 

もちろん、先に嫌がらせをしてきた方が圧倒的に悪いですが・・・ だからと言って、あなたが仕返しをしても罪にならないという訳ではありません。

結局、あなたにできることは証拠を押さえて労働基準監督署に方向するか、転職するかしかありません。

 

仕返しは逆効果

仕返しをしたいという気持ちはわかります。しかし、仕返しをしたところで、職場でのあなたの立場がさらに悪くなるだけです。

あなたに嫌がらせをしてくるような人は、仕返しをされたとしても、あまり反省しません。反省しないどころから、あなたに仕返しすることを考え始めます。

だからこそ、職場で嫌がらせを受けたからといって、仕返しをすることに意味はないんです。あなたの気持ちは晴れるかもしれませんが、さらなる嫌がらせを受けるだけです

仕返しをするというのであれば、法律に乗っ取って労働基準監督署に方向するのが一番です。そして、職場で嫌がらせしてくる人を移動にさせることが仕返しの方法です。

仕返しをするというのは、あなたの立場も悪くなり法律的にも危うい行為なので、止めた方が良いです。

 

まとめ

どんな職場にも、嫌な上司や同僚がいます。そして、そんな人達に振り回されてストレスを溜めてしまう真面目な社員がいるものです。私も同じでした。

しかし、そんな職場の人にどうにか仕返ししてやろうと企んだところで、私達にできる方法は限られています。

 
  • 証拠を押さえて労働基準監督署に報告
  • 相手にストレスを溜めさせる
  • 仕返し方法によっては法律に触れるので注意

どれだけムカついて嫌いな人間だとしても、仕返しをしてしまうとあなたの立場が悪くなります。相手の顔や住所をネットに晒したり、相手の家に嫌がらせをするというのは絶対に駄目です。

これをしてしまうと、あなたの将来にも影響を及ぼす可能性があります。名誉毀損、器物破損、個人情報の公開、詐欺罪などで大事にされてしまうと、そっちの方があなたにとって大きな痛手です。

 

文句も言わずに真面目に働いている人ほど、職場で嫌がらせの標的にされやすいものです。残念なことに、これが現実です。しかし、だからと言ってあなたも同じように仕返しをしては、あなたも嫌がらせをしてくる人と同じです

あなたは正々堂度と、嫌がらせの証拠を押さえた上で労働基準監督署に報告してください。


スポンサーリンク

関連記事と広告