社会人と大学生カップルが上手くいく14の秘策!お金や会う頻度は?

社会人と大学生のカップルは、自由な時間も生活サイクルも異なるので、すれ違いや微妙なズレで上手くいかなくなることがあります。しかし、私の知り合いには社会人と大学生のカップルでも上手くいっている人が沢山いました。

 
  • 社会人の方が有給を使って休みを合わせる
  • お金のない大学生はデートするためにバイトを頑張る
  • 会う頻度が少なくても文句を言い合わない

こういったことをして上手く付き合っていましたね。

むしろ、私の周りの人達は恋愛上手だった為か、社会人と大学生のカップルで上手くいっていなかった人の方が少ないです。そして、大学生の頃から社会人と付き合ったいた友達の多くは、大学を卒業して3年ほどで結婚しましたよ。

では、どうしたらこんな風に上手く付き合っていけるのでしょうか? 恋愛上手な私の友達が実際に使っていた【社会人と大学生のカップルが上手く付き合う14の秘策】これについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

社会人と大学生が上手く付き合う14の秘策

社会人と大学生のカップルが上手く付き合っていく為には、お互いがお互いのことを尊重し合い、気にかけながら付き合っていくのが良いと思います。そこで、社会人と大学生がそれぞれ気をつけるべき事と秘策をまとめてみました。

 

社会人が気をつけるべきこと

  • デート代は社会人の方が8割以上支払う
  • 大学生の時間の緩さに文句を言わない
  • 恋人が学生友達と頻繁に遊んでいても意識しない
  • 大学生活に対してアドバイスをしない
  • 大学生の恋人を見下さない

大学生が気をつけるべきこと

  • 恋人に会う頻度は月2~4回にする
  • LINEの返信が遅くても文句は言わない
  • 早朝や深夜には電話をかけない
  • お家デートでも文句を言わない
  • デートをドタキャンされても怒らない
  • 社会人も「完璧な大人ではない」と理解してあげる

お互いに気をつけるべきこと

  • お互いの生活サイクルに文句を言わない
  • お互いに束縛したり干渉し過ぎない
  • お互いに良い刺激があると尊重し合う

以上が、私が経験してきたことを踏まえた上での、お互いに気をつけるべき事と秘策です。思い返してみると、ここに挙げた行為をしたことってありませんか?

こういったことをすると相手の負担になり、付き合っているのが重くなり別れてしまう危険性があります。是非、気をつけてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

社会人と大学生カップルが悩むのは当然

社会人と大学生カップルとなれば、生活サイクルも生活環境も大きく異なります。だからこそ、お互いに色々と悩むのは当然ですし、最初は上手く噛み合わない部分が沢山あるはずです。

 
  • 起きる時間、寝る時間
  • 得ている収入
  • 物事に対する責任感
  • 自由に使える時間
  • 予定調整の融通
  • 日々のストレス

少し考えるだけでも、社会人と大学生の違いって沢山思いつきますよね? だからこそ、大学生同士がカップルになるのとは訳が違います。社会人と初めて付き合う大学生としては、今までの付き合い方とは違うと実感するものです。

私の友達にも社会人と大学生のカップルはいましたが、最終的にはお互いに理解しあって上手く付き合っていました。しかし、最初の頃は多少なりとも噛み合わない部分がありましたよ。

どうしても、大学生同士のカップルと比べると会う頻度は少ないですし、予定や時間に融通が利かないので急にデートするのも難しいです。社会人の方としては、仕事もあるしそんなにデートしてられないと主張する人もいるはずです。

付き合いたての頃は、お互いこういう部分に不満が出てしまうものです。なので、社会人と大学生カップルが上手くいかなくて悩むのは普通のことだと思います。最初はよくある話ですし、コツさえ分かればアッサリ解決できるかも。

それでは、具体的にどうったことに気をつけて付き合っていけば良いのか、ここから詳しく説明してきますね。

 

スポンサーリンク

社会人が気をつけるべきこと

まずは、社会人の方が大学生と付き合うときに気をつけるべきポイントとコツについて説明していきます。大まかに分類すると、私が考える気をつけるべきことは3つです。

  1. お金関係
  2. 大学生の緩さを許す
  3. 歳上ぶらない

社会人の方は、ここら辺のことを意識せずにミスしてしまいます。それでは、細かく見ていきましょう。

 

デート代は社会人の方が8割以上支払う

まず問題となるのが、社会人と大学生カップルのデート代です。社会人は毎月20万円弱のお給料が貰える訳ですから、1回のデートで1万円使ったとしてもあまり気にしない人もいます。

しかし、大学生からすると1回のデートで1万円は大きな出費ですよね? この感覚の違いが、社会人と大学生カップルが最初にぶつかる問題と言えそうです。

このときの対応として、私の考えでは【デートで大学生の予算以上のお店へ行くのであれば、社会人が8割以上のお金を支払う】ということです。

「いくら何でも、デート代の8割を社会人が支払うというのは払い過ぎでは?」という意見もあるでしょうが(汗) 意識して欲しいのは、支払った金額ではなく金額に対する負担率です

 

デート代の負担率の計算

仮に、デートの食事でお会計が1万円だとして、7:3の割合でお金を支払うとします。この場合、社会人が7,000円、大学生が3,000円です。

支払った金額だけ見ると、社会人の方が2倍以上も多く支払っています。その為、社会人の負担が大きいように思えますが、計算してみると違うんです!

 
  • 社会人の手取りが月20万円
  • デートで7000円の出費
  • 計算するとお給料の3.5%の出費
  • 大学生がバイトで月5万円稼ぐ
  • デートで3000円支払う
  • 計算するとバイト代の6%の出費

つまり、たとえ7:3の比率でお金を支払ったとしても、収入に対する出費率で考えると彼女の方が負担は大きいわけです。

もちろん、手取りで月20万円貰っている社会人だとしても、家賃や生活費の出費が多くて自由に使えるお金は10万円。こういう人は「社会人の方がこんなにデートでお金を支払う必要はない!」と考えてしまいそうですが・・・

大学生も食費はかかりますし、携帯代や大学で使う勉学費用を自分で支払っている人もいます。それを考えると、バイト代で月5万円稼いでいる大学生が自由に使えるお金は月3万円ほどです。

もちろん、人によって大きく個人差はあります。しかし、収入とデート代における負担率で考えると、やはり社会人の方が8割ほど支払ってあげないと、大学生はデートすること事態が厳しくなってしまうと思いませんか?

ただし、親からお小遣いを沢山貰っている大学生もいますし、あまりバイトをしていない癖にお金持ちな大学生もいます。ここら辺の大学生の金銭事情を的確に把握することも大切ではあります。

これに関しは以下2つの記事にまとめたの読んでみてください。

⇒⇒大学生が金持ちなのはなぜ?【実は◯◯◯しているから!】

⇒⇒金持ち大学生の基準【一人暮らしの時点で裕福だよね?】

 

大切なのは、どちらがどれだけの金額を支払ったということよりも、お互いにとっての負担が同じくらいになることだと私は思います。

そして、付き合っているのであれば、それをお互いに分かってあげるべきですし、それが思いやりや優しさということではないでしょうか?

 

お金のない方にデート代を合わせる

仕事をしていてお給料を貰っていようとも、奨学金を返したり将来のために貯金している社会人も沢山います。ですから、社会人の方が金銭的に圧倒的な余裕があるかと言われると、人それぞれですよね?

それに、いつも社会人の方にばかりお金を出させてしまうことを申し訳ないと思う大学生も沢山いますし。そんなときは、お金のない方にデート代を合わせてあげると良いと思います。

仮に、社会人が予算1万円のお店で食事をしたいと思っても、大学生はお金がなく予算3,000円のお店に行きたいと言ったらそちらに行っても良いのではないでしょうか?

お互いの負担にならない関係を続けていく為には、お金を持っていない方にデート代を合わせてあげると良いと言えそうです。

もし、予算以上のお店に行きたいのであれば、社会人の方が8割以上のお金を支払うべきだと私は思います。そうしないと、大学生は無理をしている訳ですから、二人の関係が負担になっていきますよ。

さらに、大学生は少ないバイト代をやりくりしながら貯金する必要もあります。それは、将来的に就活や資格取得、卒業旅行にお金がかかるからです。

だからこそ、仮にバイトで月5万円稼いでいたとしても、その全てを使い切ることはできません。それを考えても、デートはお金のない大学に合わせてあげると優しいですよね?

大学生の貯金事情については下記記事でさらに詳しくまとめたのでチェックしてみてください。

⇒⇒大学生で貯金って必要?してないと後でヤバイことになる!

 

私が大学生だった頃に付き合っていた大学生の彼女は、私に気をかけてくれていましたね。

当時の彼女は少し遠くに住んでいて私が会いに行っていたので、交通費がかかる代わりに彼女がデート代を少し多めに支払ってくれていました。私が多く支払っても「交通費かかってるし多く支払うよ」と彼女が言ってくれるんです。

要するに、片方だけに負担が多くかからない様にすることが、上手く付き合っていくコツだと思います。そして、その負担というのは単に支払っている金額ではなく、収入に対してどれくらいの負担率なのかということです。

社会人がデート代を8割支払うといっても、それを当然と考えている大学生は駄目ですが・・・ 大学生はお金がないというのも事実ですし、割り勘にするならお金を持っていない方にデート代を合わせてあげてはどうでしょうか?

 

スポンサーリンク

大学生の時間の緩さに文句を言わない

大学生と社会人にとっての常識や考え方は大きく異なります。社会人からすると常識と思っていることも、大学生からすると常識ではないことが多々あるはずです。

そして、大学生というのは時間に緩い人が沢山いるんですよね(汗) 時間だけでなく、計画性がない人も沢山います。たとえば、デートの待ち合わせ時間を13時にしていていも、13時過ぎに来たり。まぁ、人にもよりますが・・・

デートの日程を決めようとしているときに、大学生の方が「まだ今月の予定が分からないから待って」と言っていたいのに、デートしようとしてる日の前日まで連絡がなかったり。

実際、私が大学生だった頃はこんな状態でした(汗) 待ち合わせの時間には遅刻しますし、遊びの予定もなかなか決まらない人は大学生に多いと思います。

一方で、社会人になると時間厳守になりますし、予定のアポ取りも早々と決めていくようになりますよね? スケジュール管理もしっかりしています。

だけど、これができないと社会人は仕事にならないですし、社会人になると大学生の頃よりかはしっかりしてくるものです。しかし、これと同じことを大学生に要求するのは難しいんですよね(汗)

入社したての頃は「ほうれんそう」が出来ていなくて上司に怒らた経験がありませんか? なので、時間に緩かったりスケジュール管理が甘かったりしても、相手が大学生であれば許してあげる方が良いと思います

そこに対していちいち不満を言っても、まだ世間のことを知らない大学生からすると嫌になるはずです。「ちょっと時間に遅れただけじゃん」こんな風に思うものです。

大学生が色々な面で緩い生活を送っていたとしても、「自分も昔はこんなんだったんだろうな~」と考えて許してあげる広い心も必要ではないでしょうか?

 

恋人が学生友達と頻繁に遊んでいても意識しない

大学生であればやはり沢山遊びます。大学には友達も沢山いるでしょうし、講義を受けながらも友達と話したりするものです。そして、どう考えても大学生の方が社会人より遊ぶ時間がありますよね?

そうなれば、大学の友達と遊ぶのは普通だと思います。そして、異性の友達と遊ぶことだって沢山あります。もちろん、異性の友達と二人っきりで遊びに行くとなれば、それを浮気と呼ぶのかどうかは人それぞれですけど・・・

大学生であれば、ただの友達として異性の人と二人で遊びに行ったり食事をすることだって多いものです。私が大学生だった頃も、周りの男友達はよく女性と二人で遊びに行っていました。

社会人であれば、大学生の恋人と会う頻度を増やすのは難しです。それであれば、恋人が大学生の友達と頻繁に遊んでいても文句を言わない方が良いと思いますよ。

ただし、あまりに遊びに行きすぎて、最終的には浮気される可能性もゼロではありません。そんなときに大切なのは、いち早く恋人の心の動きを察知して対策を取ることではないでしょうか?

恋人の気持ちが自分から離れかけているかどうかを見極めるんです。その方法については下記記事にまとめてあるので参考にしてください。

⇒⇒彼女が別れる前兆として取る行動まとめ!女が◯◯する時は別れたい証拠!!

 

また、本人が気づいていないだけで、心の奥では友達のことが好きになっていることもあります。大学の友達だった人が、いつの間にかLikeからLoveに変わってしまうケースです。

この場合も、LikeからLoveに移り変わっている瞬間をいち早く見極め、早めに対策を打つと良いはずです。このLikeからLoveに変わる瞬間の見極め方については下記記事にまとめました。

⇒⇒友達と恋人における好きの違いは?これさえ見ればスッキリ解決!

 

大学生活に対してアドバイスをしない

大学生よりも社会人の方が経験豊富ですし、大卒の社会人であれば先輩という立場から大学生活について色々とアドバイスすることもできます。しかし、社会人が大学生にアドバイスすることは控えた方が良いと言えそうです。

大学生に対してアドバイスするということは、大学生は何かしらに悩んでいるということですよね?

 
  • 単位が足りなそう
  • 単位を落としそう
  • 就活が上手くいかない

こういったなった悩みに対して、社会人であればアドバイスをすることは出来ます。私がアドバイスをするとしたら、

 
  • 単位が足りない⇒本当に単位が足りていないのか計算してみる
  • 単位を落としそう⇒単位を取るためのコツを教えてあげる
  • 就活が上手くいかない⇒場数とフィードバックが大切と教える

こんな風にアドバイスすることは出来ます。

 

更に具体的なアドバイスに関しては他の記事にまとめてあるので、そちらを見てみてください。

⇒⇒大学の単位がやばい!2年で何単位あれば大丈夫?これ知らないと留年することに!?

⇒⇒単位を落とすのが怖い!大学生のテストで80点以上取る裏ワザ!後悔する前に知っておけ!

⇒⇒大学の授業を休む癖がついている!サボり癖があっても単位を取れる3つの秘策!

私であれば、大学生に対してこういった具体的なアドバイスをすることは出来ます。出来ますが、人によってはアドバイスなんて求めていないんです。

特に、女性はアドバイスをしてくれるよりも、自分の悩みや愚痴をただただ聞いて欲しいという人も多いはずです。話を聞いてあげて共感することが大切であり、何か具体的な解決策やアドバイスの提示をしなくても良いんです

社会人だからこそ大学生にアドバスしがちですが、そこにあまり首を突っ込む必要はありません。何か悩みがあれば、まずは話を聞いてあげるだけで良いと思いますよ。

 

大学生の恋人を見下さないこと

社会人でやってしまいがちなことが、どうしても大学生の恋人を下に見てしまうということです。心の中では下に見ているつもりがなくても、細かい言動や行動で「自分よりかは下に見ている」という感じが出てしまうものです。

しかし、社会人が大学生を下に見てしまう気持ちはよく分かります。実際、仕事をしたことがあるかないかの差は大きいですし・・・ それでも、恋人という関係を築くのであれば、やはり下に見るということはしない方が良いです。

 

一方で、大学生は何も知らないからこそ、そこが可愛い部分でもあります。何も知らないからこそ素直であり純粋であり、ストレスが少ない表情をしていて可愛らしいと思いませんか?

そして、まだまだ色々なことを知らないからこそ、意外と簡単に大学生とは付き合えたりもします。社会人に魅力を感じる大学生も多いですし。言い方は悪いですが、大学生に対しては

 
  • 食事は奢ってあげる
  • プレゼントを沢山あげる
  • 歳上の余裕を見せる

この3つを行えば割と簡単に付き合えます。もちろん、こんな見え透いた方法じゃ付き合ってくれない大学生もいますが、付き合ってくれる大学生も沢山いるんですよね(汗)

現に、私のバイト先にいた女子大生で社会人と付き合っていた人は、とにかくお金を積まれていました。食事は大学生じゃ行けないようなお店に行き、誕生日プレゼントはブランド物を買って貰い、デートは社会人の車でドライブ。

こういったことを付き合う前からして貰っていて、最終的には付き合ってしまう大学生は多かったです。

反対に、女子大生と付き合っている社会人の友達が口を揃えて言っていたのが「大学生って何も知らないから掌握するのが楽だし、社会人にしか出来ないデートをすれば落とすのは楽勝」と言っていました。

大学生のことを悪く言うつもりはありません。私はそうやって付き合うとする社会人も嫌いですし、それで簡単に付き合ってしまう大学生もどうかとは思います。しかし、簡単に落ちる大学生もいるということです。

そして、こういった背景があると、どうしても社会人は大学生のことを下に見がちです。しかし、そこで大学生を下に見てしまうと、カップルという関係にズレが生じ始める可能性があります。

あくまで、付き合っているんだから対等でいるのが、最も理想的な形ではないでしょうか?

 

大学生が注意すべきこと

ここからは、大学生の方が社会人と付き合うときに気をつけるべきポイントとコツについて説明していきます。大まかに分類すると、気をつけるべきことは3つです。

  1. 会う頻度
  2. 連絡する頻度
  3. デートの内容

大学生の方は、ここら辺のことに不満を抱いてしまいがちです。しかし、社会人と大学生では生活サイクルが異なるので、こういったことのズレを大目に見てあげることが必要だと思います。それでは、細かく見ていきましょう。

 

会う頻度は月2~4回にする

大学生同士がカップルになった場合、週2回ほどデートするものですよね? 少なくても週に1回はデートすると思います。しかし、社会人と付き合った場合、週に1回デートできれば多い方なんです

社会人は仕事で忙しいですし、平日は残業があったりするので時間が読めないことも多いです。その中で週に1回デートするのはやはり難しいと言えそうです。良くて週1回だと思いますよ。

社会人と付き合うのであれば、会う頻度は月に2~4回となるのが一般的ではないでしょうか? そこに対して「もっと会って欲しい」と大学生が不満を言うと、社会人としては重荷になる気がします。

ここは、社会人は忙しいし仕方がないと思ってあげるべきです。お互いの負担にならない頻度でデートをし、デートできない日は友達と遊んだりバイトをしていれば良いと思いませんか?

あまり会う頻度が多いと、それは重荷になります。さらに、会う頻度が多いカップルがすぐに別れてしまうというデートも出ているんですよ。これに関しては下記記事にまとめてあるので読んでみてください。

⇒⇒カップルが喧嘩する頻度が多い原因!ある1つのことをすると喧嘩が激減

 

ただ、私のバイト先の女子大生と付き合った社会人の男性は、有給を使って休んでいました。女子大生の方も遊びの予定が沢山入っていたので、社会人の男性の方が女子大生の暇な日に合わせて有給を使っていたんです(笑)

ここまでするべきかどうかは分かりませんが、あまりに会えないのであれば有給を使うのも1つの手です。しかし、よほど仕事が忙しくない限りは、週に1回くらいは予定を空けられるものだと思いますけどね。

あとは、お互いに無理なく予定を合わせられるかどうかになってきます。いずれにせよ、社会人と付き合うのであれば、良くて週1回デートできるくらいと思った方が良いと言えそうです。

 

仕事終わりにデートするのが良い

社会人は仕事で忙しいですし、忙しいからこそ休みの日は家から出たくないという人も多いです。私がサラリーマンだった頃は、休みの前日に夜遅くまで遊び、休みの日はお昼過ぎに起きて1日家でダラダラするのが定番でした(汗)

正直、この生活サイクルは物凄く悪いのでオススメしませんが・・・ 休みの日はデートするよりも家でゆっくりしたいと思う社会人は多い気がします。しかし、仕事終わりにデートすることは意外とできたりもします。

別に【カップルのデート=休みの日に1日デート】という訳ではありませんよね? 学校終わりや仕事終わりに待ち合わせをして一緒に食事することだって、立派なデートです。

社会人の負担にならず気軽にデートするという意味でも、仕事終わりに数時間だけデートするのは非常にオススメだと言えそうです。

 

デートまでの流れ

社会人の恋人は20時に仕事が終わる。

大学生はそれまで友達と遊んだりバイトをする。

社会人がたとえ残業になったとしても、仕事が終わるまで時間を潰して大学生は待っている。

仕事が終わってから一緒に食事をする。

もし、次の日が休みならいくらでも一緒にいられる。

これなら社会人の恋人が忙しくても、簡単に会えますしデートできませんか? 大切なのは、少しの時間でも良いから会いたいと思えるかどうかだと思います。

 

  • 大好きな恋人は忙しい
  • だから負担になりたくない
  • でも会いたい気持ちもある

このジレンマって相手のことが好きだからこそですよね? それであれば、仕事終わりに軽くデートするくらいが丁度良いのではないでしょうか? デートをするために、わざわざ丸一日空ける必要はないと言えそうです。

それに社会人が浮気するときは、仕事終わりが多いんですよ。休みの日にわざわざ出かけるのは面倒くさいですが、仕事終わりに職場の人と食事に行くことは非常に楽です。

そして、職場の魅力的な人と食事に行き、夜も更けてきてお酒も飲んでいるとしたら、浮気に発展してしまう可能性だって無きにしもあらず・・・ 

ちなみに、何度も浮気を繰り返す男性には共通の特徴があります。それについては下記記事にまとめたので参考にしてください。

⇒⇒浮気を繰り返す人の意外な特徴!男の私だからこそ見える視点で解説

 

恋人が浮気する可能性を潰すためにも、仕事終わりにデートするのはオススメですよ。また、普段から浮気をさせない様に上手く対策することもできます。それについてもまとめたので、下記記事を読んでみてください。

⇒⇒恋人の浮気が心配!【3つの対策で浮気は防げる!】

 

LINEの返信が遅くても文句は言わない

職種にもよりますが、社会人は仕事中にLINEを確かめることができません。仕事に関係するLINEであればすぐに返信しますが、仕事に関係のないLINEは仕事が終わってから返しするという人は多いのではないでしょうか?

一方で、大学生は講義中でもスマホを触れることが多いですよね? 私が大学生だった頃も、講義中にくだらないLINEを友達と繰り広げていました(笑)

 
  • 高校の同級生に「いま暇だ~」
  • 違う講義を受けている友達に「◯◯の講義分かりづらい」
  • グループLINEで「◯◯の講義出る意味ある?」と質問したり

こんな意味のないLINEを講義中にしていましたね。大学生であればこんなことも可能だと言えそうです。

 

しかし、社会人となればそうはいきません。基本的に、LINEを返せるタイミングは3つな気がします

  1. 通勤中
  2. お昼休み
  3. 仕事が終わってから

そして、大学生は夕方過ぎから夜までバイトをする人が多いですし、社会人とはLINEを返すタイミングが合いません。そうなると、どうしてもLINEのやり取りを頻繁には行えないものです。

社会人の恋人からはLINEがなかなか返ってこないのも普通だと思います。そこに対して、大学生が社会人の恋人に「LINEの返信が遅くない?」と言ってしまった日には「面倒くせ~」となる可能性が高いです。

ですから、社会人の恋人からLINEが返ってこなくても不満を言わない方が良い気がします。私も、仕事に関係のないLINEは朝と夜にしか返しませんよ。

ただし、恋人からのLINEがなかなか返ってこないと「私から気持ちが離れていっている?!」と不安になる気持ちもありますよね? おそらく、付き合い始めた当初はLINEの返信も早かったはずです。

それが、最近はLINEの返信が遅いとなると、相手が自分に飽きてしまったのかもしれないと不安になります。だからこそ、相手に対して「LINEの返信遅くない?」と言ってしまうものです。

しかし、付き合い始めて時間が経てば恋愛は少し落ち着くものですし、それによってLINEの返信が以前より遅くなるのは普通です。

これについは下記記事にまとめましたが、LINEの返信が以前より遅くなったとしてもあまり気にしない方が良いですよ。

⇒⇒彼氏が心変わりしていないか不安!安心するための見極めポイントを紹介

 

早朝や深夜には電話をかけない

LINEを返信する頻度が少ないのと同じで、社会人は仕事に忙しく恋人と電話をしている余裕があまりないという人もいます。

恋人の声を聞きたくなり、夜中に電話したくなったりはしますよね? 忙しい恋人と会う頻度が少ない分、せめて電話くらいして声を聞きたいと思うものです。しかし、電話も時間帯によっては社会人の負担になります。

朝は出勤する準備で忙しいですし、あまりに夜遅い時間だと寝たい欲求の方が強いはずです。次の日が仕事だと、夜の12時前には寝ていたいという人もいます。なので、できるだけ電話は控えた方が良いと思いますよ。

 

どうしても声が聞きたいという場合は、夜19時~23時くらいの間にするのが良いと言えそうです。もしくは、電話しながら寝落ちしてしまうのを許せるなら、もう少し遅い時間に電話をかけても良いですが・・・

電話していると眠くならない人もいますし、なるべく遅い時間に電話することは控えるべきだと思います。

 

お家デートでも文句を言わない

付き合っているのであれば、二人でどこかへ出かけて楽しい思い出を沢山作りたいものです。しかし、仕事で疲れているから家でゆっくりしたいという気持ちもあります。

正直、恋人とデートするよりも家で休みたいときもあります。そんなとき、一人暮らしをしている社会人は恋人とお家デートをしがちです

 
  • 家でゆっくり映画を見る
  • 二人で協力プレイのゲームをする
  • 同じ空間にはいるけど違うことをする

こういった感じで、まったりしながらゆる~くお家デートをします。そして、こういったお家デートに対して、大学生は文句を言わない方が良いと思います。

いつもお家デートでは面白くないという気持ちも分かりますが、それでも不満を言わずに疲れている社会人の恋人に合わせてあげてはどうでしょうか?

もちろん、私も毎回お家デートということだったら嫌ですが、お家デートの回数が多くても文句は言わない方が良い気がします。学生同士が付き合うのと比べると、どうしてもお家デートの回数が増えてしまうのは仕方ないですよ。

  1. デートの回数も少ない
  2. LINEも返ってくるのが遅い
  3. おまけにお家デートばかり

この三拍子が揃っているからこそ、社会人と大学生のカップルにはズレが生じると言えそうです。しかし、社会人の恋人にこれを改善して欲しいと願ったところで、それは物凄く難しいです。なぜなら、仕事に関係する事だからです。

仕事だから会う頻度も少なくなりますし、仕事だからLINEだって返せません。そして、仕事で疲れているからお家デートが多くなってしまいます。

ここに対して大学生が不満に感じるのは分かるんですが、現実問題として解決するのは難しいです。社会人と付き合うのであれば、これは覚悟して付き合うべきだと思います。でないと、社会人の方は恋人のことを重荷に感じます。

 

デートをドタキャンされても怒らない

大学生が社会人に怒ってしまいがいちな極めつけが、デートのドタキャンです。職種や企業にもよりますが、社会人であれば仕事の予定が急に変更されたり、休みがなくなることはあります。これは、もう防ぎようのないことです。

 
  • 上司がミスしたせいで仕事が溜まっている
  • 取引先でトラブルがあり急に休日出勤する
  • 先方の依頼で納期が早まり休みが無くなる

こういった理由で、社会人は休みが急に無くなるものです。自分がミスした訳じゃなくとも、周りの人間や取引先のミスや都合によって休日出勤することもあります。それを、大学生は分かってあげるべきかと思います。

デートの約束をキャンセルしてまで仕事に行きたいとは、誰も思いません。仕事なんかよりも、大好きな恋人とデートしている方が絶対に楽しいじゃないですか?

しかし、仕事だからデートをドタキャンしなくてはいけないんです。デートしたくても、仕方なくデートをキャンセルしているんです。その事実を大学生は分かってあげてください。

そして、ドタキャンした恋人のことを怒らないであげてください。

 

社会人も「完璧な大人ではない」と理解してあげる

社会人と付き合う大学生は、社会人の大人っぽさと頼りになる感じが好きという人が多いです。そして、こういった部分に魅力を感じているからこそ、社会人は自分よりもしっかり者であり完璧な存在だと思ってしまいがちです。

しかし、社会人も所詮は一人の人間であり、まったく完璧な存在ではありません。仕事でミスもしますし寝坊もします。機嫌が悪くて恋人に少し強く当たってしまうことだってあります。

将来に不安を抱いている社会人も多いですし、仕事が嫌で転職してしまう人だっているんです。

そして、大学生はこの理想と現実のギャップに失望してしまいがちです。だからこそ、社会人の恋人も「完璧な大人ではない」と理解してあげた方が良い気がします。

社会人に抱くイメージと現実の違い
社会人に抱くイメージ 実際の社会人
歳上の余裕がある 所詮は20代でまだまだ幼い
常に冷静で落ち着いている すぐにテンパる人も多い
スーツが似合う 日本人はスーツが似合わない人の方が多い
お金に余裕がある 手取りで15万円しか貰えておらずカツカツ
遅刻や寝坊はしない 寝坊ばかりして遅刻ギリギリの人もいる
スケジュール管理は完璧 計画性がなく仕事が終わらず残業ばかり
ある程度は仕事もできる 仕事での凡ミスも多く詰めが甘い

もちろん、人によって大きく異なる話ではあります。社会人に限らず、大学生の頃から寝坊はしないし計画性のある人だっていますし。逆に、50歳にも関わらず、予定外のことが起きるとすぐにテンパる大人だっています。

社会人に対するイメージ全てが、実際に合っている訳ではありません。社会人に抱いている、歳上で頼りがいがあって優秀というイメージはあくまで理想です。

実際の社会人には、大学生と考えていることがあまり変わらない20代サラリーマンも沢山います。それが悪いということではありませんが、社会人も全くもって完璧な大人ではないということです。

そして、社会人と付き合うのであれば、そんな社会人の本当の姿も受けれてあげるべきではないでしょう糧は

 

お互いに気をつけるべきこと

ここからは、社会人と大学生の両方に共通して言えることについて話ていきます。一言で表現すると「お互いに尊重し合いつつも干渉しすぎない」ということです。

お互いにこれができるだけでも、社会人と大学生のカップルは上手く付き合っていくことができるはずです。それでは、細かく見ていきましょう。

 

お互いの生活サイクルに文句を言わない

大学生と社会人では、そもそも生活サイクルが異なります。起きる時間も寝る時間も違いますし、時間的余裕も精神的余裕も大きく違いますよね?

生活サイクルの違いを比較
社会人の生活サイクル 大学生の生活サイクル

朝6時に起床

仕度をして7時に家を出る

8時30分に出社、9時から仕事開始

13時昼休み(昼休みがないときも多々ある)

定時の18時まで仕事

軽く休憩してから残業

21時終業

22時30分過ぎに帰宅

入浴、明日の準備をして24時過ぎ就寝

朝7時30分に起床

仕度をして8時に家を出る(普通に遅刻する)

遅刻して一限の講義を受ける

12時昼休み

16時30分まで午後の講義(午前だけの日も多々ある)

友達と遊びに行く、もしくはバイト

22時に遊びを終えて解散

23時過ぎに帰宅

入浴、テレビを見たりスマホを触り26時就寝

何となく、社会人と大学生の生活サイクルを比較してみました。これはあくまで例えでしかありませんから、異なる生活サイクルを送っている人もいます。

しかし、大学生は週4日しか大学へ行かなように講義を選択している人もいますし、日によっては午前か午後のどちらかしか講義がない人も多いです。

 

私は理系の大学生だったので、週5どころか週6のときもありましたし、毎日朝から夕方まで講義で埋め尽くされていました。更にレポートが物凄く多かったですし、その中でバイトもしていたので週一で徹夜が当たり前でした。

正直、私は大学生の頃よりも社会人になってからの方が時間的には圧倒的に余裕があって楽でしたけど(笑) 文系の大学生であれば、やはり時間的余裕のある人は多いです。

そして、こういった社会人と大学生の生活サイクルの違いはどうしたって改善できないと思います。さらに、お互いに異なる生活サイクルを送っているので、生活サイクルに関しては理解し合うことも難しいはずです。

大学生が社会人の恋人に対して「もっと残業を減らせないの?」と言ったところで、それは社会人からすると無理な話ですし、大学生には理解するのが難しい内容だと言えそうです。

逆に、社会人が大学生の恋人に対して「さすがに遊びすぎ、資格とか取らなくて良いの?」と言ったところで、今を楽しんでいる大学生からすると少し嫌な気持ちになる人だっています。

なので、お互いの生活サイクルに対しては、あまり色々と言わない方が良い気がします。カップルであろうとお互いの生活がありますし、そこに文句を言われたりアドバイスをされると少しイラッとするものですからね。

 

お互いに束縛したり干渉し過ぎない

生活サイクルの話に似ていますが、大学生には大学生の世界があり社会人には社会人の世界があります。それは、交友関係においてもそうですし、悩みなんかもそうです。

大学生であれば、

  • 友達と沢山遊ぶ、異性の友達とも遊ぶ
  • 大学の単位を取るのに必死
  • バイトでの人間関係に悩む

社会人であれば、

  • 上司と食事、同期の女性と愚痴を言い合う
  • 仕事でのストレスを抱え
  • 職場での人間関係に物凄く苦労する

そして、こういったそれぞれの交友関係や悩みに対しては、お互いにあまり干渉したり束縛しない方が良いのではないでしょうか?

大学生の恋人が異性の友達と遊んでいることに対して「あんまり遊ばないで欲しい」と社会人が言ったところでそれは無理な話ですよね?

社会人の恋人が同期の女性と二人っきりで食事に行ったとき「浮気している!」と大学生が言ったところで、社会人は聞く耳なんて持ちませんよね?

社会人には、大学生ならではの男女の交友関係を容認するのは難しいと思います。その一方で、大学生には社会人のストレスや職場での面倒くさい人間関係の悩みを理解するのは難しいでしょう。

そして、こういったことに対して何か意見を言ってしまうと、「何も知らない癖に色々言わないで欲しい!」となります。たとえカップルであろうと、お互いに束縛し過ぎたり干渉し合わないことが、長く付き合っていくコツです。

大学生であれば、仕事やストレスのことについては干渉しない方が良いですし。社会人であれば、大学生活や大学の交友関係には口出ししない方が良いと思いますよ。

 

お互いに良い刺激があると尊重し合う

ここまで、お互いの生活にあまり口出ししない方が良いと説明してきました。しかし、その一方でお互いに尊重し合うことも物凄く大切だと思います。良い意味で、社会人と大学生は大きく異なりますよね?

 
  • 生活サイクル
  • 悩み、ストレス
  • 金銭感覚
  • 時間間隔
  • 予定管理力

などなど沢山の違いがあり、それはお互いに勉強になることでもあります。そして、お互いに違う部分が多いからこそ、尊重し合えることも多いはずです。

忙しい社会人に対して「もっとデートして欲しい」と不満を言うのは簡単です。しかし、「そんなに頑張って働けることが凄い!」と尊敬した上でそこから何かを学ぼうとしたり、相手を尊重することもできますよね?

友達と沢山遊んでいる大学生に対して「男友達と二人っきりで遊ぶのは控えて欲しい」と嫉妬するのは簡単です。しかし、「それだけ遊べるアグレッシブさが凄い!」と認めた上で相手の主張を受け入れることはできませんか?

どれだけ生活サイクルや考え方がすれ違ったとしても、お互いに尊重し合うことさえできれば上手く付き合っていける可能性は高いのではないでしょうか?お互いがお互いのことを思いやることが大切だと私は思います。

だって、好きとはそういうものですし、相手のことが好きだから付き合っているんですよね?

 

まとめ

社会人と大学生で付き合うとなれば、色々な部分で噛み合わなかったりズレが生じるものです。それは当たり前のことですし、仕方がないと言えそうです。

大切なのは、そのズレを二人で上手く調整していけるかどうかだと私は思います。そんな二人のズレを調整して上手く付き合っていくためにも、下にまとめた14個の秘策を意識してみると良いのではないでしょか?

社会人が気をつけるべきこと

  • デート代は社会人の方が8割以上支払う
  • 大学生の時間の緩さに文句を言わない
  • 恋人が学生友達と頻繁に遊んでいても意識しない
  • 大学生活に対してアドバイスをしない
  • 大学生の恋人を見下さない

大学生が気をつけるべきこと

  • 恋人に会う頻度は月2~4回にする
  • LINEの返信が遅くても文句は言わない
  • 早朝や深夜には電話をかけない
  • お家デートでも文句を言わない
  • デートをドタキャンされても怒らない
  • 社会人も「完璧な大人ではない」と理解してあげる

お互いに気をつけるべきこと

  • お互いの生活サイクルに文句を言わない
  • お互いに束縛したり干渉し過ぎない
  • お互いに良い刺激があると尊重し合う

 

当時、私が大学生だった頃に社会人と付き合っていた友達も、ほとんど結婚までいきました。それは、お互いに良い距離感を保ちつつも尊重し合っていたのが大きいと思います。

この14個の秘策が、今の恋人と上手く付き合っていく為にあなたの参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

関連記事と広告