スマホの充電は100%にしない方が良い?スマホを長持ちさせるウソ・ホント情報まとめ!

  1. Home
  2. スマホの充電は100%にしない方が良い?スマホを長持ちさせるウソ・ホント情報まとめ!

2017-12-04 18:22:45

カテゴリー:便利


スマホの充電は100%にしない方が良いって言うじゃん?

なんか、スマホは100%まで充電しないで、80%くらいの充電で留めておいた方が良いみたいな。

 

スマホってバッテリーが内蔵されてる訳で、そのバッテリーにも寿命は存在する。

そのバッテリーが生きてるからこそ、スマホを充電することができるし、スマホを使うことが出来る。

だから、スマホのバッテリー寿命が尽きると、スマホは充電できなくなる

できなくなるし、スマホを100%まで充電してても直ぐに充電が切れるようになる。

 

まぁ、スマホを買い換えるときって、大体はスマホの充電が直ぐに切れるようになってスマホの寿命が来たからスマホを変えるって人が多い。

スマホの寿命ってか、厳密にはバッテリーの寿命が尽きたからってことなんだけど。

 

 

じゃあさ、スマホのバッテリーってどうすれば長くもつのか?

どうすれば、スマホを長く使ってられるのか?

 

そう考えたときに、スマホの充電を100%にしないことで、スマホのバッテリーは長く使えるって噂がある

しかし、この噂は本当なんだろうか?

 

今回は、そんな噂を検証するために、

【スマホ充電の噂は嘘・本当?】

これにについてまとめてみた。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

スマホの寿命を短くする使い方

 

 

まずは、スマホの寿命を100%短くする駄目な充電方法とスマホの使い方をまとめた。

 

 

・スマホの充電が減りすぎてから充電。

・スマホを充電しながらスマホを使用。

・スマホに熱を溜める行為。

 

 

 

以上の3つに関しては、100%の確率でスマホの寿命を短くする。

こういった充電の仕方やスマホの使い方にしないよう注意しよう。

 

 

スマホの充電が減りすぎてからスマホを充電する行為は、スマホの寿命を短くする。

スマホの充電が20%以下になるとさ、スマホに充電が僅かって通知が出るじゃん?

あれは、スマホの充電を20%以下にしない様に、会社側の配慮で通知が出るようになってる。

充電が20%以下になってからスマホを充電すると、スマホのバッテリーに負担だかかってスマホ寿命を短くしてしまう。

 

さらに、スマホを充電しながら使用する行為もスマホには良くない。

スマホでSNSをやったり動画を見てる途中でスマホの充電が少なくなると、充電しながらスマホを使用してしまいがち。

だけど、充電しながらのスマホ使用はバッテリーの寿命を100%短くする。

そういうスマホの使い方を気にしないでスマホを使ってると、スマホが早死するので注意ね。

 

そして、スマホに熱が溜まる様な使い方をするのも、スマホにしないでおこう。

スマホを充電しながらスマホを使用してると、スマホに熱が溜まってスマホの裏が熱くなり始める。

だから、やっぱりスマホを充電しながらは使うのは良くない。

 

てか、SNS見てたらスマホの充電がほぼ0%になり、そこからスマホを充電しながらSNSをするとかって行為はメッチャ最悪ね(汗)

20%以下になってから充電して、しかも充電しながらスマホを使い、スマホに熱も溜まる。

こんな使い方を気にしないでしてると、100%スマホの寿命を短くする。

 

 

 

スマホに熱を溜める行為

 

・スマホを日向に置いておく。

・スマホを枕元に置いて寝る。

 

 

 

スマホを日向に置いて放置すれば、当然スマホには熱が溜まる。

そんでバッテリーに負担がかかってスマホの寿命が100%短くなる。

 

そして、やってしまいがちなのが、スマホを枕元に置いて寝てしまうこと。

スマホを枕元に置いて寝ると、寝返りなどでスマホが枕の下や布団の中に紛れてしまうことがある。

そうするとスマホに熱が溜まってしまう。

スマホに熱を溜めることを故意にしないだろうが、寝てるときじゃ気がつかない。

 

スマホを充電しながらスマホを枕元に置いて寝るのはもっと危険だね。

スマホを充電してるときは少ながらず熱が溜まりやすいんだけど、スマホがその状態のときに枕の下に紛れてしまったら・・・

 

あとは、スマホのアラームをかけているのに、スマホを枕元に置いて寝るのも危険な行為。

寝てる間にスマホが枕の下や布団に紛れ、その状態で朝になってアラームが鳴り始めると、スマホに熱がメッチャ溜まる。

こういうことはスマホにしない様に!

 

 

 

 

 

昔は、私もスマホのアラームをセットして、スマホを充電しながらスマホ枕元に置いて寝てた。

そして、朝起きると、スマホが布団の中に紛れてアラームをずっと鳴らし続けてたんだよね。

でも、スマホは布団の中に紛れてるから、アラームの音も聞こえなくてスヌーズ機能でずっとスマホが布団の中で鳴り続けてた。

結果、充電もしてたスマホはメッチャ熱くなってて、スマホの充電器を差し込む部分が熱で溶けていた。

そのときはあんまり気にしないでいたけど、数日後に私のスマホはお亡くなりになられた笑

 

だから、何も気にしないでスマホを枕元に置いて寝るのは危険。

下手すると、私の様にスマホを1発であの世へ送る可能性すらある。

1発であの世に行かなくても、スマホの寿命を100%縮めてる行為。

 

 

 

 

 

 

 

間違ったスマホの情報

 

 

スマホの寿命を長くするためにネットで調べたりもするけど、意外と間違っている情報もある。

スマホの充電は100%にしない方が良いというのも間違った情報。

まぁ、ぶっちゃけ間違っている訳ではないんだけど、ほとんどスマホに影響を与えない。

 

スマホの寿命を伸ばすための対策として、有名だけどほとんど効果のない方法を以下にまとめた。

 

 

 

効果のないスマホ対策

 

・スマホの充電を100%にしない。

・スマホの充電をこまめに行わない。

・充電が終わったり直ぐに充電器から外す。

 

 

 

以上の3つに関しては、特にしないで良い。

やったところでスマホには効果のない行為ばかり(汗)

 

 

スマホの充電を100%にしないなんて、わざわざ面倒臭いじゃん?

80%くらいでスマホの充電を止めて、そんでスマホの充電が20%になったら充電するとか・・・

そんな短いスパンで充電するとか面倒臭すぎてやってらんね~よ笑

 

てかさ、スマホって充電を始めたら放置するじゃん?

放置してる訳だから、気がついた頃にはスマホが100%まで充電されてるもの。

充電してるときに「もう80%くらい充電されたかな?」なんて気にしないよ!

毎回そんなこと気にして充電してたら疲れるし、普通は気にしないで充電するもの。

 

だからこそ、充電が100%になったら充電器からスマホを直ぐに外すってのも無理な話。

スマホなんて充電を始めたら、気がついたときには充電が100%になってるし、充電が100%になっても充電器を挿しっぱなしで放置するでしょ?

「充電が100%になったから直ぐに充電器を外さなきゃ!」なんてならないし、充電に対して気にしないよ。

 

だから、スマホの充電を100%にしないとか、スマホの充電が終わったら直ぐに充電器を外すってのは特にしないでオッケー!

そんな事はしてもしなくても、スマホの寿命は変わらない。

 

 

 

 

 

あと、スマホをこまめに充電するのが良くないって噂があるけど、これも間違ってる。

別にスマホをこまめに充電しても、スマホの寿命は短くならない。

スマホを充電20%になるまで使ってから充電するって人がいるけど、あれは意味のない行為。

 

だけど、スマホの説明に勘違いしやすい記載があるのは確か。

スマホには充電できる回数が決まっていて、およそ300~500回が充電の上限回数である。

こういった記載がスマホの商品データや説明書に記載されている。

 

しかし、これは単なるスマホの充電回数を表している訳じゃない。

これは、スマホの充電を0%まで使ってから100%まで充電すると考えると、スマホのバッテリーは300~500回ほどしか充電できないという話。

スマホの残り充電50%の状態で100%まで充電した場合、それは充電回数1回とは扱わない。

この場合は充電回数0,5回としてカウントされる。

 

だから、記載されてるスマホの充電可能回数ってのは気にしないでオッケー。

スマホを普通に使って普通に充電してる分には、問題なくスマホを使い続けられる。

 

 

 

 

 

 

 

2年でスマホを変えるとして使おう

 

 

スマホの寿命を伸ばすために、スマホのバッテリーを長持ちさせる充電の仕方などを実践する行為はあんまりオススメしない。

スマホは消耗品であり、2年周期で買い換えていくのが良いから。

 

今のご時世だと、スマホは2年契約の会社が多い。

そして、2年ごとにスマホを買い替えていかないと違約金が取られる。

たとえば、3年目でスマホを新しくすると違約金が取られる。

新しいスマホにしてから、ちょうど2年経ったときにスマホを変えないと違約金を取られてしまうのが今のスマホ事情。

 

 

 

 

 

仮に、スマホの寿命を伸ばす使い方を必死にやってても3年目でスマホの寿命が尽きると違約金を払って新しいスマホに変えることになる。

だから、スマホの寿命が残っていようと、スマホがそろそろキツそうだろうと、スマホは2年毎に買い換えるのが良い。

 

そして、明らかに変な使い方をしていない限りは、スマホは2年間しっかりと使える。

必死に、スマホの寿命を延ばすための使い方をしてたとしても、スマホを2年で変えると考えると無駄な努力でしかない。

 

それだったら、スマホを無駄にしないためにも、2年で買い換えると思って使ってあげた方が良い。

無駄にスマホの寿命を延ばそうとして、スマホを不便に使うのは特にしない方が利口。

スマホの充電を100%にしない様に充電するとか、充電が終わったらすぐに充電器を抜くとか、そんなの気にしないで使えば良いんだよね。

そんなの気にしながらスマホを使ってたら100%疲れるし不便でしかない。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

スマホの寿命を延ばす方法ってのはあるけど、実際には効果が低い物も多い。

だから、メッチャ神経質になってスマホの寿命を延ばそうとするのは利口じゃない。

スマホの充電を100%にしない様にするとかはマジで無意味な行為。

 

 

だけど、以下の3つに関しては気をつけた方が良いかな。

 

・スマホの充電が減りすぎてから充電。

・スマホを充電しながらスマホを使用。

・スマホに熱を溜める行為。

 

この3つに関しては、スマホのバッテリーにかなり負荷をかける。

あんまり気にしないで毎回スマホに負荷をかけてると、2年経たずにスマホが寿命を迎える。

スマホを100%まで充電しても、スマホを使うと直ぐに充電が切れるとかってなる。

 

もっと言うと、私みたいに1発でスマホを殺す危険性すらある。

朝起きたら、布団の中でスマホが発熱しまくって死んでるみたいなね笑

まぁ、そんなにしないとは思うけど(汗)

 

 

でもさ、スマホの寿命を延ばす使い方として、この3つ以外の方法は特にしないで良い。

 

・スマホの充電を100%にしない。

・スマホの充電をこまめに行わない。

・充電が終わったり直ぐに充電器から外す。

 

こんなのは効果が薄すぎて意味ないし、そんなん気にしないで普通にスマホを使った方が便利だし楽だよ。

実際、私なんて夜はスマホを充電したまま寝るから、充電を100%までして充電が終わっても充電器を抜いてない。

抜いてないけど、スマホは余裕で2年生きた。

2年てか、3年以上生きたよね。

 

まぁ、4年はもたなかったけど・・・

その結果、3年目でスマホを変えたから、結局は違約金払ってスマホを買い換えるということになった(汗)

スマホの寿命が残ってても2年で変えとけばよかったってマジで思った。

 

お金を無駄にしないためにも、スマホを延命するより2年で使い切る方が利口。

てか、2年経つ頃には新しい機種も発売されてるし買い替えた方が良いよ。

とにかく、スマホを延命することを気にしすぎてスマホを不便な使い方しても不毛だから、あんまり気にしないで使った方が良いよ~♪


このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。

コメント(必須)



コメント