大学の卒業式でぼっちな奴集合www!卒業式って行った方が良いの?何かメリットあんの?

大学の卒業式って、行くか行かないかは自由じゃん?

だから、ぶっちゃけ大学でぼっちな人って大学の卒業式に行かないって場合が多い。大学はクラスとかもないし、友達がいないと卒業式で完全にぼっちになるし、もはや行く意味ってない気するじゃん?

 

でもさ、大学の卒業式って行かなくても問題はないけど、卒業式が終わった後にゼミや研究室で集まりがあったりもする

まぁ、ぼっちな大学生はそれも出席しないって人が多いから、別に行かなくても良いんだけどさ・・・

 

大学の卒業式って、人生で1回しかないよね?

それに行かないっていうのは、ぶっちゃけどうなんだろう?

成人式も人生で1回しかないし、大学の入学式も卒業式も人生で1回しかないもの。そういう人生で1回しかない機会を行かないってのは少し気が引けたりもする・・・

そこで今回は、【ぼっちの大学生は卒業式に行くべきか?】これについてまとめみた。

 

スポンサーリンク

ぼっち大学生でも卒業式に行った方が良い?

正直、大学の卒業式でぼっちって、卒業式に行っても面白くないと思うんだよ。話す相手もいないし、無事に卒業できたことを一緒に祝う友達もいないわけだからさ。

ただ、たとえ大学でぼっちだとしても、私が言いたいのは・・・

 

大学の卒業式は絶対に行くべき!

ぼっちだとしても1人で卒業式に行くべき。

卒業式に行き、しっかりと4年間を振り返りなさい!

大学の卒業式で話す相手もいなくてぼっちな状態ってのは、寂しいし惨めかもしれない。大学の卒業式でぼっちとか、周りからの目が恥ずかしいのかもしれない。

てか、そんなことよりも、ぼっちで大学の卒業式に行っても意味ないって思うじゃん?

メリットないだろって思う。

正装して行かないと駄目だし、交通費もかかるし時間もかかる。ぼっちの大学生にとって、大学の卒業式ってデメリットはあるけどメリットはないって考える。

 

ただし、それでも大学の卒業式にはちゃんと行くべき!

大学の卒業式に行くメリットとかデメリットって話じゃなくて、人生における節目として行くべき。しっかりと自分の中で区切りをつけることが大切。

 

スポンサーリンク

卒業式でしっかり4年間を振り返りなさい!

大学の卒業式で友達と別れを惜しむとか、卒業式が終わった後に飲みに行くとか、そういうことも確かに大切。大切ってか、そういうことを目的として卒業式に行ってる大学生がほとんどだよな〜

 

女子大学生だと振り袖を着たいって気持ちもあるのかな?

まぁ、振り袖こそお金かかるし、ぼっちな女子大学生からすると大学の卒業式はお金の無駄って考えるのかもしんないな(汗)

 

でも、ぼっちな大学生が大学の卒業式に行った方が良いっていうのは、もっと別の理由があるから。それが、しっかりと大学4年間を自分の中で振り返るということ。

大学の卒業式でぼっちだから、話す相手もいないわけじゃん?

卒業式中も1人だし、卒業式が終わって皆が友達と話してるときも1人だよね?

 

でも、ぼっちならその時間を全部使って4年間をゆっくりと1から振り返りる。これは反省の意味も込めて振り返るってこと。

大学でぼっちになってしまっていうのは、あなたが友達を作るのをサボっていたからだし、ぶっちゃけコミュ力がないからだよね?

そんなことじゃ社会人になってもぼっちになるし、人付き合いが下手くそだと上司からも嫌われて仕事がやりづらくなる。

 

そういうことも反省しながら、しっかりと大学4年間を振り返る。

 

  • 大学1年生の入学式のとき。
  • 大学で始めて出来た友達のこと。
  • 入学当初にされたサークルの勧誘。
  • 大学生で始めたアルバイト。
  • 大学生初のゴールデンウィーク。
  • 夏休み前のレポートとテスト地獄。
  • 夏休みを迎えた瞬間の嬉しさ。
  • 大学1年生の夏休み中の思い出。
  • 夏休み明けの友人関係の変化。
  • 大学生のクリスマス。
  • 冬休み明けからの怒涛テストの辛さ。
  • 長すぎてびっくりする大学の春休み。
  • そして2年生になり年下が入学してきて。
  • 同じ感じで毎年を繰り返し。。。

こういうこと全部をしっかりと振り返る。大学4年間であったことをゆっくりと時間をかけて1から思い返してみる。そうすると懐かしい思い出もあるし、切ない気持ちにもなる。

 

その上で、大学生活でミスったと思うことを反省する。あの時にああしてれば良かったなってことを振り返る。大学でぼっちになってしまったことを反省する。

そして、大学の卒業式を終えて社会人になったら、同じことを繰り返さないようにする。そのためにどしたら良いかも考える。

 

正直、こうやって大学4年間をしっかりと振り返る機会って意外とないんだよ。何となく大学生活を振り返ることはあってもは、しっかりと時間をかけて振り返って切なくなってたり反省することってない。

だからこそ、ぼっちでも卒業式という区切りの良いタイミングで、ちゃんと振り返ることが大切。

 

ぼっちで大学の卒業式に行ってもやること無いって言うけど、やることはある。大学4年間をしっかりとゆっくりと振り返ること!

 

スポンサーリンク

大学の卒業式なんてぼっち上等!

大学の卒業式にぼっちでいるのが恥ずかしいとか寂しいって大学生もいるけど・・・

ぶっちゃけ、誰もあなたのことなんて見てない!大学の卒業式にぼっちでいようと誰も気にしてないし、誰もあなたのことなんて見てない。

大学の卒業なんてメッチャ沢山の人がいるし、皆も自分の知り合いを見つけることしか考えてないんだよ。

大学の卒業式で、みんなが楽しそうに話してる端であなたが1人でいたとしても、誰も気にしない。だから、大学の卒業式なんてぼっちで行くの上等って感じ。

 

それにさ、大学の卒業式って3月頃だよね?

まだ少し肌寒いかもしれないけど、少しづつ暖かくなってきて過ごしやすい季節になってきてる。

 

だから、ぼっちだとしても外で日向ぼっこでもしながらゆっくりと大学生活4年間を振り返れば良い。

目の前で楽しそうに友達同士でワイワイ話してる大学生達を見ながら、自分もそういう友達が欲しかったなって思いながら反省するば良い。社会人になってからは同じミスを繰り返さないように考えれば良い。

 

ゆっくりと日向ぼっこしながら、空でも見上げながら切なく大学4年間を振り返る。ぼっちで寂しくてもそれは自分のせいだし、その現実を受け止めた上で振り返って反省する。

そういう気持ちの切り替えや、大学4年間を終えた節目としての気持ちが大切。

私もさ、学費がなくて大学を1年間休学してたんだよ。だから、私が大学の卒業式を迎える頃には、友達はみんな卒業してたんだよね。そうなると、大学の卒業式でぼっちになる。当然、私も大学の卒業式はぼっちだった。

でも、私はぼっちだろうと大学の卒業式に行ったし、ぼっちの中で大学生活4年間を振り返った。今でも思い返せるけど、あのとき大学の卒業式をぼっちで迎えて色々と1人考えたのは覚えてる。

 

卒業式行かないと親が心配する。

大学の卒業式は、大学生活4年間を無事に終えて門出のときでもある。大学を卒業して社会人になる節目でもある。そして何より、親としてもそれは嬉しいもの。

自分の子供が大学をしっかりと卒業して、そして社会人になるまで成長したってのは、親からしたらメッチャ嬉しい。だから、ぼっちだとしてもちゃんと大学の卒業式に行き、親を安心させる。

 

もし、自分の子供が卒業式に行かないって言ってたら普通に心配する。ぼっちだから大学の卒業式に行かないなんて言ってたら尚更心配する。

もっと言ってしまうと、親のお金で大学4年間通わせて頂いたんだから、その卒業式には行くべき。そして、卒業式に行くときには親にお礼を言って出かけていくべき。

「高い学費をわざわざ払ってもらって大学に4年間通わせてもらってありがとうございました。」こういう気持ちを親に少しくらい言って卒業式に行くのも悪くないと私は思う。

 

まぁ、そうは言っても何か恥ずかしいし、私が大学を卒業するときもちゃんとは言えなかったけどね。でもさ、こういう気持ちを親に言えないとしても、せめて卒業式くらいはしっかりと行ってあげるのも親孝行。

 

まとめ

正直、ぼっちにとっては大学の卒業式なんて何の意味もないって思うのは分かる。ぼっちで友達がいないのに大学の卒業式に行くとか寂しすぎるしね。

 

でも、大学の卒業式は絶対に行くべき!

ぼっちだとしても1人で卒業式に行くべき。

卒業式に行き、しっかりと4年間を振り返りなさい!

親を安心させるとか、親に感謝の気持ちを込める意味で大学の卒業式に行くことは大切。自分の中で大学4年間をゆっくりと時間をかけて振り返ることも大切。

そうやって大学の卒業式で気持ちの整理をつけ、人生における節目ということを自覚する。そして、4月から社会人として生きていけば良いと私は思う。

大学生活がぼっちだとか、大学生活ミスったとか、そういうのは社会人になったらもう関係ないし。大学の卒業式をぼっちで迎えた上で、もう1回リセットしていけば良い。

 


スポンサーリンク

関連記事と広告