プールで髪は痛む?これはウソだと発覚!塩素濃度は僅か1.0mg以下!

  1. Home
  2. プールで髪は痛む?これはウソだと発覚!塩素濃度は僅か1.0mg以下!

2018-05-11 11:17:05

カテゴリー:美容・健康

社会人になると運動する機会って減るし、運動する習慣があまり持てない。

趣味でスポーツやるってのも道具とか必要で面倒臭いし。

個人でできる運動じゃないと、スクールとか社会人サークルに入らないといけないから手頃じゃない。

 

じゃあ、ランニングでもするかってなると、それはキツそうだし夏と冬は気候的に無理。

ランニングのせいで膝が痛むって人もいるし。

 

となると、あとはジムに通うくらいかな。

で、どうせなら泳ぐの嫌いじゃないし体への負担も軽そうだから、ジムのプールで運動不足解消って人もいる。

 

 

だけど、ジムのプールを使うときに気になるのが塩素

プールの塩素で髪が痛むって言うし・・・

髪って1度痛むと修復するのがなかなか難しくて、髪が痛むならプールで泳ぐの止めようかなって思う。

 

ただ、プールの塩素って、そんなに髪が痛むのかな?

もし、仮にプールの塩素で髪が痛むとして、その塩素への対策って出来ないのかな?

 

今回は、そんなジムのプールで泳ぎたいあなたの為に

【プールの塩素で髪は痛むのかどうか?】

これについてまとめてみた。

 

加えて、髪が痛むことなくプールで運動不足を解消する方法についてもまとめてみた。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ジムのプールで髪は痛む?

 

 

ジムのプールに限らず、市民プールでも何でも、プールには塩素が含まれている。

そして、髪が痛む原因としてよく言われてるのが、この塩素な訳だけど。

実際問題として・・・

 

 

 

 

・ジムのプールでも髪は痛む。

・ただし、自宅のシャワーとプールの塩素濃度は変わらない

・プールで泳ぐときは髪を濡らさない秘策を使う。

 

 

 

 

どうしても、プールには塩素が含まれている。

だから、ジムのプールで泳げば髪が塩素に浸かることになり、結果として髪は痛む。

 

塩素には、髪の毛のキューティクルを破壊する作用がある。

キューティクルの内部には髪の色素が入っていて、その部分は柔らかく非常にデリケートな部分。

そして、プールの塩素でキューティクルが破壊されると、髪内部の色素が水に溶け出してしまい、黒の色素が流れて髪の毛が茶色になり始める。

キューティクル内部の栄養素も流れて出てしまい、髪の毛は痛む。

 

これが、プールの塩素で髪が痛む原理。

ただ、ジムのプールで泳ぐにしても、髪を濡らさなければ良い。

そして、髪を濡らさなくても、プールで効果的に運動不足を解消する秘策は存在する。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

プールで髪が痛む訳じゃない!

 

 

世間で良く言われているのは、プールの塩素によって髪が痛むということ。

プールには塩素が多く含まれていて、その塩素で髪が痛む。

だから、プールは独特の薬品臭さがするし、水泳やってる人は黒髪じゃなくなると言われている。

 

しかし!

プールの塩素濃度について驚くべき事実がある。

 

 

 

・プールの塩素濃度は0.4mg~1.0mg以内。

・シャワーの塩素濃度は0.1mg~1.0mg以内。

 

つまり、プールの塩素濃度も自宅のシャワーの塩素濃度も大差ない。

 

 

 

 

プールには「遊泳用プールの衛生基準」ってのがあって、残留塩素濃度が0.4mg~1.0mg以内って決まってる。

一方で、自宅のシャワーで使ってる水道水に関しては、水道法ってのがあって、残留塩素濃度が0.1mg~1.0mg以内と決まってる。

 

だから、単純に塩素濃度だけ見ると、プールも自宅のシャワーも大差ないってこと。

プールの塩素で髪が痛むってのは半分嘘で半分本当。

 

 

 

 

 

自宅のシャワーは、浴びているだけであって水に浸かってる訳じゃない。

それに代わって、プールってのは水を浴びてる訳じゃなくて浸かっている状態。

 

だから、シャワーを10分間浴び続けたときと、プールに10分間入ったときだと、髪の痛む度合いは変わってくる。

それは、単にシャワーは髪に浴びさせてるだけであって、プールは髪を完全に浸けてる状態だから。

 

でも、水に含まれる塩素濃度だけ見ると、自宅のシャワーもプールも大差はないってこと。

ようは、髪に水が触れてる体積と時間の問題。

 

 

そう考えると、自宅のシャワーも油断できない。

自宅のシャワーにだってプールと同じだけの塩素が含まれてるし、何も気にせずシャワーを浴びてると髪が痛む原因になる。

 

もし、髪の痛みが気になるようであれば、シャワーの塩素を除去してくるシャワーヘッドってのがあるから、それに変えてみるのがオススメ。

以下にあるのが、塩素を除去してくれるシャワーヘッドね。

 


 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

プールで髪を濡らさない秘策

 

 

プールであろうと自宅のシャワーであろうと、髪を濡らし続ければ髪が痛む。

だけど、プールだとどうしても髪がずっと浸かってる状態になる。

だからこそ、ジムのプールで泳ぐと髪が痛む訳だけど・・・

 

そんなときは、以下3つの方法を試すと良い。

・プールでは潜らずに歩く。

・顔を付けずに平泳ぎする。

・立泳ぎをする。

 

 

あなたがプールに通ってるのって運動不足を解消するためだよね?

もしくは、ダイエットの意味も込めてジムのプールに通うのかもしれないけど。

 

単に運動不足を解消するためだけであれば、何も顔をプールにつけて泳ぐ必要はない。

プールに潜って髪を濡らすとか、クロールやバタフライで泳ぐ必要はない。

ただの運動不足解消でプールを利用するなら、そこまでしっかりと泳がなくて良い。

 

 

 

 

 

プールの中を歩いてるだけでも、陸上を歩くより遥かに良い運動になる。

水の抵抗がある分、プールの中を歩くだけでもかなり疲れる。

更に激しく運動したいのであれば、プールの中で早歩きすれば良い。

プールの中だと体が速く動かないから、早歩きしようと頑張るだけでも良い運動になるよ。

 

もし泳ぎたいというのであれば、髪を濡らさないように泳げば良い。

髪を濡らすと髪が痛むからね。

オススメなのは平泳ぎと立ち泳ぎ。

 

本来は、平泳ぎって顔をプールにつけるけど、顔は常にプールから出して平泳ぎする

この泳ぎ方って普通に平泳ぎするより疲れるから、運動不足解消としてはオススメ。

立ち泳ぎに関しても同じね。

浮力の力にあまり頼らず、腕と足の力だけで体を浮かせる立ち泳ぎも、普通に泳ぐより遥かに疲れる。

 

 

髪をプールで濡らさなくても、プールの中で充分に泳げるし運動できる。

むしろ、髪を濡らさないための泳ぎ方は普通のお泳ぎ方よりも疲れるから、運動不足解消としては凄く良い。

それなのに、髪は濡れないから痛むこともない。

まさに一石二鳥です!

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

運動不足解消やダイエットも兼ねて、ジムのプールで泳ぐことはオススメ。

プールだとランニングするよりも体を痛めないし、体にかかる負荷を最小限にしつつ良い運動ができる。

 

だけど、ジムのプールで泳ぐときに髪が痛むことを気にしているとしたら、それは間違い

確かに、ジムのプールにも塩素は含まれてるし、髪を濡らして泳いでたら髪は痛むけど。。。

 

 

・ジムのプールでも髪は痛む。

・ただし、自宅のシャワーとプールの塩素濃度は変わらない

・プールで泳ぐときは髪を濡らさない秘策を使う。

 

 

 

プールで泳ぐと髪が痛むってのは、半分正しいけど半分は正しくない。

プールでも自宅のシャワーでも塩素濃度は変わらないし、髪を濡らせば髪は痛む。

だけど、プールで泳ぐとなると、髪が常に水に浸かってる状態になるから痛むってこと。

 

別にこれがプールじゃなくても、髪が濡れる状態にいれば髪は痛む。

お風呂で髪を浸けてたり、海で潜ったり、シャワーを長時間浴びたり。

こういうことをしてれば、結局は水の塩素濃度には大差ないから、どれでも髪が痛む。

 

だから、プールに限らず、髪を下手に濡らさないことで、髪が痛むのを防げる

ジムのプールで泳ぐってときも、髪は濡らさない様に泳いだりプールの中を歩いたりすること。

それだけでも充分な運動不足解消になるから試してみて。

 

 


スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。

コメント(必須)



コメント