警察が多い時期はいつ?この日に自転車乗ってると確実に捕まる!

  1. Home
  2. 警察が多い時期はいつ?この日に自転車乗ってると確実に捕まる!

2018-06-06 06:00:15

カテゴリー:法律


警察は自転車を見つけるとやたらと捕まえてくる。

もはや、そういう警察が多いから嫌になるよね?

 

実際、私も何度も警察に捕まってる。

何も悪いことしてないのに、自転車に乗ってるというだけで警察が止めてくる。

左側通行して、ライトもつけて、イヤホンしてないし車道側走ってるし、どう考えても警察に止められる義理はない。

だけで、それでも警察に止められて、そのときに言われたのが「イヤホンしてると思って止めちゃいました」という台詞だった。

もはや、完全な濡れ衣で止められてるし、それなのにすぐには解放してくれなくて防犯登録やら名前やらを色々と聞かれて時間がかかる。

 

 

警察って、自転車を見つけるとなりふり構わず止めてくる。

こういう警察官は多い。

だから、できることなら警察になんて関わらない方が良いし、警察官を見かけたら見つかる前に逃げた方が良い。

 

だけど、時期によっては警察が多い。

色んな所に警察がいて、もはや逃げきれないやつ。

どうして、あんなに警察が多い時期ってあるんだろう?

というか、警察が多い時期っていつなんだろうか?

 

 

そこで今回は、

【警察官が多い時期】

これについてまとめてみた。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

警察が多い時期は末日

 

 

1年の間で警察がやたらと多い時期がある。

その時期は、メチャクチャ注意していても警察に捕まる。

だって、何も悪いことしてなくても警察に見つかっただけで捕まるから。

 

そして、そんなクソ警察が多い時期は以下2つの時期。

 

月末は警察が多い時期。

年末は更に多い時期。

 

 

 

どの月でも、月末は警察が多い時期。

理由は明白。

1カ月のノルマを達成してない警察官が、こぞって取り締まりをして点数稼ぎを行う時期だから。

 

年末の時期に警察官が多いのも同じ理由。

1年間のノルマを達成できていない警察官が、こぞってノルマ達成をして仕事納めをしに来る時期だから。

 

 

 

 

 

 

 

警察は月でノルマがある

 

 

警察が多い時期って、結局はノルマを達成していない警察が多いから。

要するに、今まで仕事してなかった警察官がこぞって仕事してるってだけ。

 

警察官にも1ヶ月おきにノルマが設定され、そのノルマを達成する必要がある。

そして、月末になるとノルマを達成していない警察はノルマ達成に向けて点数を稼ぐ必要がある。

そのため、自転車を見つけたら片っ端から取り締まりにかかる。

 

年末の時期に警察が多いのも同じ理由。

1年間のノルマ達成に向けて、多くの警察官が動き出すから。

だけど、12月25日くらいからは警察官も仕事したくないしゆっくりしたいから、マジで年末の時期になると警察官が減る。

それは、もうノルマ達成をし終えて仕事したくない警察官が多いから。

本当に、都合良すぎるよね(汗)

 

 

 

 

 

しかも、月末の時期に出没する警察官は点数が足りていない訳だから、取り締まりの基準もメチャクチャ厳しい

とにかく取り締まりをして点数を稼ぐ必要があるので、難癖付けて自転車を取り締まる。

てか、何も悪いことしてない自転車でも捕まえにくる。

 

もし、自転車を捕まえたけど自転車が何も悪いことしてなかった場合、そこから自転車の防犯登録確認して名前を聞き、職務質問みたいな対応をしてくる。

それだけで、警察側としては点数になるんだよ。

だから、何も悪いことしてない自転車であろうと、とりあえず止めて防犯登録チェックをしてくる

 

 

実際、交通量が多い場所だと、同時に3台くらいの自転車が警察に止められている。

私が警察に捕まったときも、私の後から来た自転車がどんどん止められていて、パトカーの前で自転車の集団が出来てた。

 

警察官としては入れ食い状態でウハウハ。

点数を稼ぎたい時期に沢山稼げて最高って状態なんだよ。

それで、ノルマを達成し終えたら、いきなり姿を消して仕事をしなくなる。

こんな警察官いる必要ないよね?

 

 

終電過ぎると警察が減る

警察官は取り締まりをして点数を稼ぎたい訳だから、人が少ない時間は取り締まりを行わない。

そして、終電が過ぎると人が少なくなるので、その後の時間は警察をぱったりと見かけなくなるよ。

だから、警察に難癖付けられたくなければ、終電後の時間がおすすめ。

 

 

 

 

 

 

 

 

警察に捕まらない方法

 

 

どれだけ注意をしていても、警察に見つかった時点で自転車は捕まる。

何も悪いことしてなくても、とりあえず警察に止められて防犯登録確認をされる。

そして、この警察とのやりとりで5分ほど時間がかかる。

 

まぁ、それが春や秋なら良いじゃん?

クッソ寒い真冬の時期に自転車で夜な夜な帰ってるときに、何もしてないのに警察に止められるとマジでムカつくよね!?

クッソ寒いんだから早く帰りたいのに、冤罪で使って防犯登録確認されて、マジでイライラする。

おまけに、冤罪なのに警察は謝らないし。

 

だから、警察を見つけたら見つかる前に逃げた方が良いし、できる限り警察のいる方向へは行かない方が良い。

難癖つけて止められるから。

 

捕まらないポイントは2つ

1.交差点では左右、後ろをチェック。

2.ゆっくりと走らない。

 

 

まず、交差点を曲がったら警察がいるってパターンは多い。

警察が隠れているパターン。

だから、交差点や角を曲がるときは、左右と後ろを要チェックしよう。

警察が隠れて待っている可能性がある。

 

もし警察がいたら、交差点を曲がらずに直進しよう。

基本的に、警察がいたら道を迂回してでも警察を避けた方が良い。

警察に捕まるよりかは、遠回りして帰った方が速い。

 

 

それと、警察はあなたが違反を犯すまでは姿を隠している。

あなたが違反をした瞬間に警察に「止まってくださ~い」と言われて、隠れていた警察が出てくるんだよ。

 

だから、あなたが気が付いてないだけで、実はあなたの後ろに警察がいるパターンも多い。

てか、あなたが違反すると予測され、違反を犯すまで警察に後ろを付けられてたってパターンだね。

こういうパターンもあるから、左右だけでなく後ろもチェックしながらの方が良いよ。

 

 

 

 

 

自転車であんまりゆっくり走っていると、警察に捕まることが多い。

ゆっくり走ってるから警察としても止めやすいんだよね。

 

たとえば、あなたが交差点を直進しようとしたら、左側にパトカーがいて信号待ちしてた場合。

あなたがゆっくりと自転車で走ってると、「そこの自転車止まってくださ~い」と声をかけられる。

もしくは、パトカーがいる方の信号を青になったら、あなたのことを追いかけ来る。

 

 

一方、あなたがある程度のスピードで自転車を漕いでると、警察の方も自転車を止められないんだよ。

「そこの自転車止まってくださ~い」と言う前に、自転車が通りすぎてしまうから。

 

そして、自転車はある程度のスピードで走ってる訳だから、後からパトカーで追いかけるにしても見失う可能性が高くて追ってこないことが多い。

 

言い方悪いけど、捕まえ易い自転車は、とりあえず警察に止められるってこと。

若い人や優しそうな主婦が自転車に乗ってると、捕まえ易いから警察は止めてくるんだよね。

点数稼ぎたい時期は特に。

自転車を止めるときも、乗ってる人の顔を見て判断してる。

良いカモは警察に止められるってこと。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

自転車に乗ってると、やたらと警察に止められるもの。

警察が多い時期に関しては、もう回避不可能ってレベルで警察に止められる。

まぁ、当然だよね。

警察が多い時期ってことは、警察官は点数稼ぎしに来てる訳だし、カモがいたら真っ先に難癖つけて止めてくるよ。

 

そして、そんな警察官が多い時期がいつかって言うと。。。

 

月末は警察が多い時期。

年末は更に多い時期。

 

 

まぁ、どれだけ注意していても、警察が多い時期はもう警察に捕まるよ。

だって、回避不可能だもん。

警察に見つかった瞬間に止められるし、そこらじゅうに警察官いるし。

この時期は回避不可能。

 

 

でもさ、警察に捕まったとしても罰金がなければラッキーって思うくらいでいた方が良い。

じゃないとストレス溜まるし。

「俺を取り締まることでこの警察官のノルマ達成に貢献できて警察が幸せになるなら良いか」ってくらいの考えでいた方が良いよ。

 

てか、警察に捕まったら「私はノルマ達成に貢献できましたか?」とか「多少は点数稼ぎになりましたか?」って嫌味を言ってみるのも良いかもね笑

冤罪で警察に捕まったとしたら、何も悪いことしてないんだからボロクソに警察の嫌味言うのって良いかも。

 

まぁ、時期によっては警察にほぼほぼ捕まるから、それは宿命だと思った方が良いよ~

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。

コメント(必須)



コメント