警察は自転車を取り締まらない!なぜ、徹底的に取り締まる事しないの?

  1. Home
  2. 警察は自転車を取り締まらない!なぜ、徹底的に取り締まる事しないの?

2018-05-20 13:23:37

カテゴリー:法律


車を運転してると、自転車の危険運転が凄く目に留まる。

もし、自転車と車で交通事故を起こしたら、車側が攻められる可能性は高い。

たとえ、自転車が交通違反をしていたとしても、事故を起こせば車側が悪いってなる可能性はある。

 

だからこそ、自転車の危険運転って目に余るものがある

自転車乗りながらイヤホンしてるとかスマホいじってるとか。

まぁ、イヤホンやスマホくらいなら、事故さえ起きなければ大丈夫だけど。。。

 

 

自転車の右側通行って、車からすると結構危険。

自転車が右側通行してると、車が左折したり右折するときに危ないよね?

特に、車が左折するときは危ない。

 

でもさ、右側通行してる自転車ってメッチャ沢山いるよね?

もはや、ほとんどの人が右側通行とか左側通行とか気にしないで自転車乗ってる。

 

でさ、警察はこういった自転車を取り締まらないのかね?

自転車乗りながらイヤホンしてるとかスマホいじってるなんて、まずもって警察が取り締まらないと駄目だよね?

右側通行してる自転車に関しても、警察が取り締まらないと駄目だと思うんだよ。

 

 

けど、実際は自転車を取り締まらない警察って多くない?

右側通行してる自転車がいても、警察は取り締まらないで見逃したりしてる。

そういうのを見かけると「いや、取り締まらないのかよ警察!」って思っちゃうよね?

 

でもさ、どうして警察は自転車を厳しく取り締まらないんだろうか?

警察がもっと厳しく自転車を取り締まれば、違反する自転車は減るし交通事故だって減るじゃん?

 

 

そこで今回は、

【どうして警察は自転車を取り締まらないのか?】

これについてまとめてみた。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

警察が自転車を取り締まらない理由

 

 

たしかに、警察が自転車をメッチャ厳しく取り締まれば、自転車の交通事故は減る。

それにも関わらず、どうして警察は自転車を取り締まらないのかって言うと。。。

 

 

 

 

・大して点数にならないから取り締まらない。

・点数が足りてない警察官は難癖つけて自転車を取り締まっるけどね。

超厳密に自転車を取り締まると全員が何かしらの交通違反を犯していて、その全員を取り締まると誰も自転車に乗らなくなるから。

 

 

 

 

つまり、警察も仕事で自転車を取り締まっている訳で、仕事の点数や評価に繋がらない仕事は行わない。

要するに、自転車を取り締まったところで大した点数や評価に繋がらないなら、警察側も自転車を取り締まらないってこと。

 

でもさ、割と自転車を取り締まってる警察官はいるよ

私は自転車に乗ってると、よく警察に止められる。

しかも、何も交通違反を犯してなくても警察に止められて難癖つけられるからね(汗)

この前も私が自転車乗ってたら警察に止められて「イヤホンしてると思って止めちゃいました」とか言い訳して、そこから防犯登録のチェックやら何やら色々されたよ。

 

だから、警察も自転車を取り締まらないって訳じゃない。

ただ、メッチャ厳しく自転車を取り締まると絶対に全員交通違反を犯してるし、それを全部取り締まるのは無理なんだよ。

それを全部取り締まらないといけないってなると、警察としては他の仕事が進まない。

 

そしたら、明らかな交通違反をしてる自転車以外は取り締まらないよね。

タイミングにもよるけど、右側通行してるくらいじゃ取り締まらないってことも多い。

ただ、右側通行した瞬間に取り締まられるときもある。

結局、点数の足りてない警察官は厳しく自転車を取り締まるし、点数に余裕がある警察官は面倒臭いから自転車を取り締まらないんだよね。

 

 

 

 

 

 

 

点数が低いから取り締まらない

 

 

警察だってあくまで組織であり、自転車を取り締まるのは仕事の一環。

交通整理や取り締まりをボランティアでやってる訳じゃないし、仕事をしてお給料を頂くためにやってるんだよ。

 

でさ、自転車を取り締まったところで警察としては点数が低い。

点数が低いし仕事の評価へは繋がらないから、警察としても自転車ごとき取り締まらない。

 

 

 

年末になると自転車を取り締まる警察官って多いんだけど、それは最後に警察官が点数稼ぎをしたいから。

今まであんまり仕事せずに点数が足りてない警察官たちが、こぞって最後の点数稼ぎをしに出てくるから。

しかも、自転車を沢山取り締まらないと駄目だから、パトカーの赤いランプ消して見えずらい所にパトカー止めながら待ち伏せしてるんだよね。

 

だから、12月中盤くらいまでは警察に取り締まられてる自転車ってメッチャ多いんだけど、その期間が過ぎて年の瀬になると警察も自転車を取り締まらない。

それは、警察側のノルマ達成期間が終了し、警察も仕事する必要がなくなるから。

結果、年の瀬は自転車を取り締まらない。

 

 

もし、自転車を取り締まったときの点数が高ければ、警察官は普段からこぞって自転車を取り締まるし、見かけた自転車全部に声かけると思うよ。

だけど、自転車を取り締まったところで大した点数にならないから、警察側も自転車をそこまで厳しく取り締まらない。

 

 

 

 

 

ただ、暇な警察官は点数が低くても構わないから、とりあえず見かけた自転車を取り締まってくるけどね

それこそ、何も違反してない自転車ですら止めてくる。

 

だから、暇な警察官は違反してない自転車であろうと全部止めて取り締まろうとするし、点数が足りてる警察官は自転車ごとき取り締まらないってこと

てか、暇な警察官は、自転車が違反を犯すまで自転車を尾行し始めるからね(汗)

そんで、「はい、一時停止してないよ~」とか「手信号やらないと駄目だよ~」とか言って自転車を取り締まってくる。

 

 

でもさ、警察のこの現状って仕方ないっちゃ仕方ないことだよね?

所詮は警察も組織だし仕事でやってんだよ。

点数にならない仕事なら取り締まらないし、仕事がない警察官なら点数稼ぎに自転車を取り締まる。

 

普通の会社だって同じでしょ?

あなたが会社で「残業代は払わないけど残業してください」って言われたら仕事しないで帰りたいでしょ?

おまけに、その残業は誰にも評価されないってなったら、まずもって残業しないじゃん?

 

警察が自転車を取り締まらないのもこれと同じ。

自転車を取り締まったところで点数は低いし仕事の評価には繋がらないから、警察官も自転車を取り締まらないってだけ。

警察だろうと何だろうと、あくまで仕事でやってる訳で、評価されないし給料にも繋がらない仕事は誰もやらないってこと。

 

 

 

 

 

 

 

取り締まってる警察もいる

 

 

警察官が自転車を取り締まらないって言うけどさ、普通に取り締まってるよ。

もちろん、さっきも言った様に、それを取り締まってるのは点数稼ぎをしたい警察官だけなんだけど。。。

 

取り締まる警察官は自転車をガンガン取り締まってるよ。

それこそ、警察官からしたら自転車って「絶好のカモ」だから、メッチャ取り締まり易い。

点数が欲しい警察官だったら、まず取り締まらないって選択肢はない。

とりあえず声かけて止めるか、自転車が違反を犯すまで尾行してくる。

 

 

・イヤホン

・スマホいじってる

・信号無視

・無灯火運転

 

ここら辺の違反は余裕で取り締まってるけどね。

まず警察に止められるよ。

 

右側通行や歩道を走ってる自転車も、暇な警察官だと取り締まってるかな。

自転車を取り締まらない警察官は忙しいから。

 

 

 

 

 

あとは、自転車の交通量が多い場所だと、自転車を取り締まらない

それは、取りまってたらきりがないから。

自転車の交通量が多いってことは歩行者の交通量も多いってことだし、そんな場所だと細かい交通ルールも守れないから。

 

臨機応変に歩行者を避ける必要があるし、そのために右側通行することだってある。

車道の方を自転車で走ってても車が駐車違反して止まってたら、自転車は歩道に入って車を避けるしかない。

 

つまり、交通量の多い場所だと細かいルールじゃ対応してらんないし、歩行者も自転車も車も臨機応変に対応してってこと。

だから、警察官も自転車を取り締まらない。

 

 

逆に、交通量が少ない場所だと取り締まり易いから自転車をよく取り締まってるよ

歩行者がいない様な道で右側通行してると、警察としても自転車に声かけて止め易いからソッコーで取り締まってくる。

それこそ、自転車が違反するまでパトカーで尾行してくるよ。

 

実際、私も自転車乗ってるとき何度も警察に止められてる。

細い道を自転車で走ってて、ずっと左側通行してたんだけど、信号のない交差点で右折したかったから交差点少し手前で右側通行に切り替えた瞬間に警察に止められた。

まぁ、完全に尾行されてたんだけどね。

 

しょせん、日本の警察なんてこんなもんさ。

 

 

 

 

 

自転車を厳しくは取り締まれない

 

 

もちろん、自転車が歩道を走ったり右側通行するのはルール違反。

正論をかざせば、どんなシチュエーションであろうと右側通行してる自転車は交通違反。

 

でもさ、些細な交通違反してる自転車を全部取り締まらないと駄目なのかな?

もちろん、些細な交通違反であろうと交通違反に変わりはないんだけど。。。

 

 

 

自転車の取り締まりをメチャクチャ厳しくしたら、自転車利用者は確実に減る

すると自動車利用者が増加して排気ガス排出量が増える

自動車利用者が増えるということは日本国民の肥満度も上がる

厳しく取り締まり過ぎる警察の好感度は下がり、国民からの支持がなくなり犯罪件数も増加する

 

 

 

 

つまり、何でもかんでも違反してるから締まらないと駄目かって言うと、そんな単純な問題じゃないってこと。

交通違反してる自転車を片っ端から取り締まって良いかって言うと、それはそれで他の問題が浮上してくる訳よ。

 

 

 

 

 

「自転車が交通違反してるから警察が厳しく取り締まらないと!」って言うけど、世の中は正論だけを振りかざして上手く回るほど単純じゃないってこと。

そもそも法律だって人が作ってる訳で完璧じゃないし、なんでもかんでもルールやセオリー通りだと反発する人ってのが大量発生するんだよ。

 

会社のルールとか人間関係だって同じでしょ?

約束の時間を守れない奴はクソとか言うけど、じゃあ時間守れない奴を全員クソって言ったところで人間関係は上手くいかないし。

単に正論を語ってるだけじゃダメなんだよな~

 

 

警察は地域の人間との信頼性とかが重要だし、国民からの好感度だって大切な訳よ。

国民から支持されてない警察官なんて必要ないし、警察が支持されてないと犯罪件数が増加する。

それは、自転車が交通違反するよりも遥かに厄介な状態な訳さ。

 

単に、右側通行してる自転車は危ないしクソ野郎って言うのは簡単だけど、そんな単純な問題じゃないってこと。

警察には警察なりの取り締まらない理由があるし、浅い考えしかできない人とは違う。

取り締まるときは取り締まるし、取り締まらないときもあって、それはバランスなんだよね。

 

「警察が自転車を取り締まらない意味がわからない!」こんなことしか言えないのってバカ丸出し発言だから控えた方が良いよね、マジで。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

厳密な交通ルールでいくと、交通違反をしてる自転車は多い。

自転車乗りながらスマホいじってるとか、回りの音が聞こえないほど大音量でイヤホンしてるってのは論外なんだけど。

右側通行してる自転車や歩道を走ってる自転車ってのは沢山いる。

 

でも、それは道路の構造上どうしても仕方ない場合も多々あるってこと。

それを全て取り締まるのは無理だから取り締まらないし、厳しく取り締まりすぎると他の問題が色々と出てくるってこと。

 

ただ、警察が自転車を取り締まらない主な理由は以下の理由。

 

・大して点数にならないから取り締まらない。

・点数が足りてない警察官は難癖つけて自転車を取り締まってはいる。

超厳密に自転車を取り締まると全員が何かしらの交通違反を犯していて、それを全員を取り締まると誰も自転車に乗らなくなるから。

 

 

 

自転車で些細な違反をしてる人は沢山いる。

一瞬でも右側通行すれば違反だし、歩道を走るのも歩行者にベルならすのも違反。

一時停止しないのだって違反だし、スピードの出しすぎだって違反。

 

自転車を取り締まろうと思えば、いくらでも理由は付けられる。

下り坂なんて自転車はまずスピード違反犯してるけど、それを取り締まらないのって普通でしょ?

 

車を運転してる人からすると「危ないから少しでも違反してる自転車は取り締まるべき」ってことなんだろうけど、何事もバランスが大切な訳で、何でもかんでも自転車を取り締まるってことは出来ない。

だからこそ、警察は自転車を取り締まらないことも多々あるってこと。

まぁ、自転車を取り締まってる警察官も沢山いるけどね~

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 
 

コメント

コメントフォーム

※メールアドレスは公開されません。

コメント(必須)



コメント