電車で傘持って座るときどうやって持つ?迷惑じゃないたった1つ方法

雨の日に電車に乗ると、どうしても傘を持って電車に乗ることになる。だけど、傘って濡れているし、その濡れている傘を持ったまま電車に乗ると、他の人に傘が当たって濡らしてしまう危険がある。

だけど、濡れた傘を拭くなんてことは出来ないし、傘は濡れたまま持つのが普通。

 

でもさ、濡れた傘を持って電車に乗るのが普通と言っても、その傘が他の人に当たってしまったら文句を言われる。濡れた傘が当たったら、服は濡れる訳だし、その人が怒るのも無理はない。

まぁ、電車で立ってる分には、傘を手でしっかりと持っていれば良いし、傘を手で持っていたら他の人に当たることも滅多にない。だから、電車で立っているときは、濡れた傘をどうすれば良いかってそんなに問題にならない。

 

 

しかし、濡れた傘を持って電車で座るときって、傘をどうしたら良いか分からない。傘を手で持っておくのは普通として、股の間に挟む人もいれば手すりに掛ける人もいる。

あなたが電車で座るとき、あなたの目の前に立っている人がいる場合もあるよね?

そんなとき、傘をどの位置で持てば良いのか?

あなたの隣に座る人にも邪魔にならず、目の前に立っている人にも邪魔にならない傘の持ち方はどんな感じなのか?

 

そこで今回は、【電車で座るときの傘を持つ位置】これについてまとめてみた。

 

スポンサーリンク

電車で座るとき傘は股の間

電車で座るとき、濡れた傘は股の間に挟む位置。

そして、しっかりと傘を持っておくこと。

 

濡れた傘を持って電車で座るとき、傘を持つ位置は股の間か足の隣か。だけど、傘を股の間に挟まないと、あなたの隣に座る人に傘が当たって濡れてしまう。

なので、濡れた傘を持って電車で座るなら、股の間に挟む位置に傘を置く。

 

そして、電車で座るときも、しっかりと傘を手で持っておくこと。ではないと、ふとした時に傘が倒れてしまい、あなたの目の前に立っている人に傘が当たって濡れてしまう。

 

スポンサーリンク

傘は股の間でブロック

濡れた傘を持って電車で座る人って、傘を股の間に置いている人が多い。雨の日に電車に乗っている人をよく観察してみれば分かると思うけど、股の間に傘を挟んでいる人は多い。

傘を股の間で挟んでおけば、傘が隣の人に当たってしまうことはない。もし、あなたの傘が倒れたとしても、あなたの足に当たって傘はブロックされる。だから、隣の人に濡れた傘が当たることはない。

 

まぁ、濡れた傘をあなたの足でブロックしたら、あなたのズボンは濡れちゃうけどね。だからこそ、あなたも傘が倒れない様に気をつけるんだけどさ。

 

 

濡れた傘が他の人に当たって少しでも濡らしてしまうと、ムカつく態度を取られたりする。少し傘が当たって濡れただけなのに、なんかキレ気味で怒ってきたり。

あなたに対して「ちゃんと傘持てよ!」とか怒鳴ってくる人もいる。特に、高いスーツを着ているサラリーマンは、濡れた傘がズボンが少しでも当たると、メッチャ嫌な顔をする

 

だからこそ、濡れた傘はしっかりと持つ必要がある。電車で座るなら、股の間でしっかりブロックして傘が隣の人に当たらない様にする。

基本的に、電車で座るときは股の間に傘を挟むことで、他の人に迷惑をかけることは100%無くなる。

 

もし、傘を股の間に挟んでいるにも関わらず他の人に文句を言われたら、下記記事を読んでみて。電車でムカつくことを言われたり喧嘩を売られた時に、相手を論破する秘策をまとめたから。

⇒⇒電車で喧嘩を売られたら?相手を論破して黙らせる秘策ベスト3!

 

傘は手で持っておく

電車で座ると、傘を手で持たない人もいる。傘を自分の方に立てかけておいて、傘を手では持たない人。

だけど、傘は手でしっかりと持っておこう。電車は揺れている訳だし、雨の日は電車の床だって濡れていて滑りやすい。その状態なのに傘を手で持っていないと、ふとした時に傘が通路側に倒れてしまうことがある。

 

そして、あなたが電車で座るのであれば、あなたの目の前には立っている人がいる場合もあるよね?

そのときに、あなたの傘が通路側へ倒れでもしたら、あなたの目の前に立っている人に傘が当たってその人は濡れてしまう。

 

スポンサーリンク

ぶっちゃけ、電車で立っている人としては、電車で座る人に対して「電車で座っているくせに、傘もろくに持ってられないのかよ!」こんな風に思う。

電車で楽したいから座る癖して傘もしっかりと持ってられない人って、何かダサいよね?

濡れた傘が倒れて他の人に迷惑かけるかもしれないのに、その濡れた傘を手でしっかりと持ってないのって非常識。

 

他の人に傘が当たってしまったり傘が倒れてしまう可能性を考えたら、傘はちゃんと手で持っておこう。それはマナーだし、他の人に迷惑をかけない為の常識。

ちなみに、電車に関する迷惑行為と言えば、駅の階段をメッチャ遅く登っている人とか迷惑だよね。そんな人への対応策について下記記事にまとめたから、興味があればチェックしてみて。

⇒⇒駅の階段登るの遅い奴!後ろから押して良い?効果的な対処法まとめ!

 

端の席なら手すりに傘を掛ける?

 

電車で座るときに傘を手で持っていると、片手で傘で塞がってしまう。だから、電車で座るときに傘を手で持つのが嫌だって人も多い。

そんなとき、電車で1番端に座っている人は、手すりの所に傘を掛けたりする。もちろん、手すりに傘を掛けるのは良いんだけど、あれやると傘を電車に忘れるんだよね(汗)

確かに、手すりに傘を掛けると楽だし手が塞がらない。あなたの目の前に立っている人にも傘が当たらないし、誰にも迷惑をかけないで済む。ただ、傘を電車に忘れてしまう可能性が非常に高い。

 

だから、私は、傘を手すりに掛けておくのはあんまりオススメしないかな~

どれだけ他の人に傘が当たらなくて迷惑をかけないとしても、最後に傘を忘れちゃうんじゃ意味ないし。

 

まとめ

濡れた傘を持って電車で座るときって、傘をどの位置で持てば良いのかよく分からないよね。あなたの隣に座る人や目の前に立つ人に対して、傘をどういう持ち方をすると迷惑にならないかと言うと。

電車で座るとき、濡れた傘は股の間に挟む位置。

そして、しっかりと傘を持っておくこと。

 

雨の日って元々イライラしている人が多い。ただでさえ服が濡れたり湿度が高くて蒸しているからストレス溜まるし。

そんな状態の人が多い中で、あなたの持っている傘が他の人に当たって濡らしてしまったら、メッチャ嫌な顔をされたり怒ってくる人が現れるのは当然

おまけに、電車で座ることが出来ず立っている人に傘を当ててしまった場合、さらに相手のイライラを加速させてしまう。雨の日は晴れの日に比べて喧嘩が起きる可能性も高い。

 

変な揉め事を起こさない為にも、電車で座るときは傘を股の間に挟む位置で傘をしっかりと手で持つこと。あとは、あなたが電車で寝たりしなければ、他の人に傘を当ててしまうこともないよ。

 


スポンサーリンク

関連記事と広告