コーヒーの種類と特徴まとめ★知らないと恥ずかしい常識

コーヒーの種類って沢山あってわからないですよね~ 私も、普通のコーヒーとカプチーノくらいしか知らなかったですもん。

アメリカーノが普通のコーヒーと何が違うのか分からないし、フラペチーノやらカフェモカやらってどんなんですか? 私も以前はこんな感じでした笑

なので、コーヒーの種類や特徴まとめました。

 

定番コーヒーの種類と特徴

まずは基本的に3種類。

  • エスプレッソ
  • アメリカーノ
  • アメリカンコーヒー

この3つは似てるから間違いやすい種類のコーヒーだね。

 

エスプレッソ

深煎りの豆を粉末状に砕いたものに重しをして凝縮。その後に専用の機械でコーヒーを抽出したもの。濃くて味が凝縮されているのが特徴

普通のコーヒーはドリップして作るけどエスプレッソはドリップしてないので作り方がそもそも違うんだよね。

あと、カフェラテやカプチーノはエスプレッソにミルクなどを足したもので、エスプレッソが元となって作られるコーヒーの種類は多い。

 

アメリカーノ 

苦味の強いエスプレッソをお湯で割ったコーヒー。エスプレッソとお湯は1対1の割合。

 

アメリカンコーヒー

浅煎りしたコーヒーをドリップしたもので、酸味が強いという特徴があるコーヒー。注意するのは、アメリカーノとアメリカンコーヒーは違うということ。

アメリカーノはエスプレッソ類アメリカンは普通のドリップコーヒーって覚えればいいかな。

 

スポンサーリンク

次に間違いやすい定番コーヒー。

  • カフェオレ
  • カフェラテ
  • カプチーノ
  • マキアート
  • カフェモカ

特に、カフェオレ・カフェラテの区別とカプチーノ・マキアートの区別がつかないってことが多い。

 

カフェオレ

普通のドリップコーヒーにミルクを混ぜたコーヒー。ようは普通のコーヒー牛乳と変わらない。

 

カフェラテ

エスプレッソにホットミルクもしくは軽く泡立てたホットミルクを注いだコーヒー。カフェオレはドリップコーヒーを使ってカフェラテはエスプレッソを使うのが大きな違い。

あと、お店によってだけど泡立てたミルクの量が多いとカプチーノと大差なくなる。

 

カプチーノ 

エスプレッソによく泡立てたホットミルク注ぎ、泡が沢山乗ってる種類のコーヒー。カプチーノにシナモンやチョコレートシロップをかける場合もある。

 

マキアート 

エスプレッソによく泡立てたホットミルクを少しだけ混ぜたコーヒー。カプチーノと比べると圧倒的に泡の量は少ないし見た目はまったく違う。

 

カフェモカ

エスプレッソにチョコを混ぜた後に泡立てたホットミルクを注ぎ、その上にチョコレートシロップやココアパウダーをかけたコーヒー。エスプレッソにココアを入れる場合もある。

見た目はカプチーノにチョコレートシロップをかけただけの様に見えるから、カプチーノにチョコレートシロップをかけると見た目の区別がつかなくなる。

 

ホワイトモカ 

カフェモカのチョコレートをホワイトチョコレートに変えたコーヒー。

 

スポンサーリンク

その他コーヒー

 

ウィンナーコーヒー

普通のドリップコーヒーに生クリームを乗せたコーヒー泡立てミルクを使うのではなく生クリームをコーヒーに直乗せするのが大きな違い。

 

コンパナ

エスプレッソに生クリームを乗せたコーヒー。ウィンナーコーヒーと区別しにくいけど、ウィンナーコーヒーは普通のドリップコーヒーを使用して、コンパナはエスプレッソを使用してるという違いがある。

 

水出しコーヒーもしくはダッチコーヒー

水で作るコーヒー。本来ならコーヒーはお湯でドリップするものだけど、水出しコーヒーはその名の通り水でコーヒーを抽出する。

水でドリップしている訳じゃないんだけど、お湯でドリップしたコーヒーに氷を入れるのと水出しコーヒーを冷やして飲むのとでは味も風味も変わってくる。

 

スポンサーリンク

じゃあ、フラペチーノって何?

フラペチーノはスタバが勝手に作った造語なんだよね~

フラッペとカプチーノを合わせた言葉で、今ではスタバが商標登録してるんだってさ。だから、コーヒーの正式な種類ってわけじゃない。

 

フラペチーノの意味としては、

  • フラッペ⇒砕いた氷にシロップをかけたもの。かき氷とほぼ同じ。
  • カプチーノ⇒エスプレッソに泡立てミルクを注いだもの。

この2つが合わさったってこと。

 

つまり、コーヒー類と氷が入ってれば何でもフラペチーノになるし、最近じゃコーヒーが入ってない商品ですらフラペチーノという名称が付いてる笑

まぁ、スタバでしか使わないコーヒーの種類だし定義も特徴も正確じゃないからフラペチーノなんて意味は気にしないでオッケー。

 

モテる!女子ウケ最高のコーヒー

モテるコーヒーの種類はズバリこれ!

  • エスプレッソ
  • フルーツトッピング

まず、断トツでモテるコーヒーの種類はエスプレッソ。現に、エスプレッソを飲む男性はモテるという統計も出ているらしいよ。

理由としてはエスプレッソを飲む男性は

  • 大人っぽい
  • 落ち着いている
  • 仕事ができそう

こういったイメージがあるから。

 

確かに、エスプレッソってコーヒーの旨味を凝縮したシンプルなコーヒーってのが特徴だからコーヒーが本当に好きで詳しいって感じがする。で、そんな男性は大人っぽいしダンディーで頭も良さそう。

お店でコーヒーを注文するときに

  • 「キャラメルマキアート、チョコレートシロップ追加。キャラメルも多めで!」
  • 「エスプレッソをひとつ…」

この2パターンだったら後者の方が格好良いよね~

次に、アイスコーヒーにフルーツをトッピングするという手法。コーヒーにフルーツを乗せると見た目も良いし凄くオシャレ

特にオススメなのが

  • ライムやミントのトッピング
  • マンゴーのトッピング

この2つ。

 

ライムやミントを乗せると味も見た目も清涼感があってスッキリな味わい。なんだか爽やかイケメンって印象が超出てくるからモテる

エスプレッソは苦くて飲めないって場合でもライムとミントなら飲みやすいし、ここに少量のガムシロを入れても美味しい。

マンゴーのトッピングは甘さと軽い酸味でハワイアンな気分に。女性にも人気なトッピングの種類だから、男が注文しても女子ウケ間違いなし。

 

超裏技テクニック!

女性にラテを飲ませると仲良くなれる。

ラテに限らずカフェインには、摂取すると血流が良くなり心拍数も上昇するという特徴がある。ちなみに、コーヒーを飲むことで起きる影響はコチラの記事

 

で、吊り橋効果というものを聞いたことあると思いますが、コーヒーを飲んで心拍数を上げるというのはそれと同じ効果があります。

だから、女性にコーヒーを飲ませると吊り橋効果が生まれるし、意中の女性とデートするならカフェには絶対に寄るべし!最悪、軽くお茶だけと言ってコーヒーを飲ませれば仲良くなれるチャンスありです。

で、そんなコーヒーの種類の中でもラテはカフェインが持続する効果が長いんだよだから、心拍数が上がっている時間が長いのでそれだけチャンスの時間が長いということ。

もし、相手が少しでも何を注文するか迷ってたらラテを勧めるのが得策だね~

 

おしゃれなアレンジ注文

コーヒーにチョコレートやキャラメルのシロップ、シナモンをかける程度のアレンジは一般的。しかし、他にも一風変わったアレンジの種類が沢山。コーヒーの特徴がいっきに変わるアレンジも!

何より、美味しいかつ皆が知らないコーヒーのアレンジ方法を知っていたら、あなたの株も上がること間違いなし

 

・ラムレーズンをトッピング

特徴的なのは、ただのレーズンじゃなくてラムレーズンを使うってところ。コーヒーを飲んでいる内にラムレーズンのラムが溶け出してきて、コーヒーの味と風味が飲んでいる間に変わっていくのが特徴的。

 

・バニラエッセンスを垂らす

バニラエッセンスを数的だけ垂らすと香りがいっきに変わる嗅覚は味覚にも影響を及ぼすから味わいも変化するよ。

ただ、砂糖を加えているわけじゃないから甘くなるわけじゃないんだけど、ブラックコーヒーに垂らすと苦いけどほんのり甘い香りがするっていう今までにない特徴のコーヒーを飲める!

ただし、バニラエッセンスを入れ過ぎると香り強すぎて飲めなくなるから注意ね。

 

・ジャムを入れる

フルーツのトッピングはさっき紹介したけど、ジャムを入れても美味しい。酸味と甘みが特徴的なマーマレードやりんごジャムはジャムの中でも特にオススメのアレンジの種類。

 

・砂糖、ミルクの順番で入れる
コーヒーはコーヒーに含まれる酸とミルクに含まれるタンパク質が結合することで味が悪くなる特徴がある。

けど、先に砂糖を入れてからミルクを入れることで、コーヒーの酸とミルクのタンパク質が結合するのを防げるんだよ。そうすると味が悪くならないのと、コーヒーが冷めてきても美味しさを保てる

 

・塩を入れる
塩を少し入れるとコーヒーの酸味を旨みへと変貌させるただし、入れ過ぎるとしょっぱいコーヒーとなり台無しになるので注意。

 

・練乳を入れる

チョコレートシロップやキャラメルをコーヒーと合わせるのは一般的だけど、練乳を合わせても美味しいんだよ♪ 甘さとミルクにはない濃厚さがプラスされてgood!

 
 
 
・ハチミツを入れる

砂糖と違って自然な甘さが特徴なハチミツ。砂糖を使うより風味や香りもグレードアップはちみつは健康にも良いから砂糖やチョコレートシロップを入れるより良いかもね。

 
 
 
・マシュマロをトッピング

ホットコーヒーにマシュマロを乗せると少しづつマシュマロが溶けていく。コーヒーに甘さがプラスされるのは勿論のこと、マシュマロが溶けることで泡ができるんだけど、その泡の触感が特徴的

 

・抹茶を入れる
よくある抹茶ラテも美味しいけど、抹茶を少しだけ入れるのもオススメ。コーヒーとは違った抹茶独自の苦みと風味がプラスされて今までにない種類のコーヒーになる。

 

・あんこを入れる
抹茶に続いて次はあんこ! あんこを入れるとこれまた砂糖とは違った甘さが演出されて美味しいちょっぴり和風テイストなコーヒーになるね~

 

単にコーヒーと言っても沢山の種類や特徴がある。今回はコーヒーの種類にしか着目しなかったけど、ただのブラックコーヒーでも使う豆や入れ方で味は変わってくる。

自分好みの味があれば自分の好みのコーヒーの種類やアレンジもある。コーヒーの味の種類についてはコッチの記事で。

http://ado1.xyz/archives/196

 

コーヒーって色々な種類があって、お店で注文するときも分からないとは思うけど、大まかな違いだけ分かってればいいよね。

あとは、さっき説明した少しのアレンジを知ってるだけでも味の特徴が変わるから面白い。しかも使いようによってはモテる!

まぁ、スタバとかだと細かいアレンジが多すぎて、もはや注文が呪文だし私も付いていけないけど笑 あそこまでヤバイ智識は使わないでしょ。

最近じゃファミレスやカラオケのドリンクバーでも色々な種類のコーヒーが飲めるから、知ってるだけで結構役立つ。是非、コーヒーの種類と特徴を覚えてみて。

 


スポンサーリンク

関連記事と広告