中学生のカバンが重い!腰痛にならない?100%体に悪影響ですよ!

中学生ってメインのカバンに教科書を入れて、サブバックに部活の道具や体育の着替えなんかを入れて登校する。

下手すると、ここから更に書道の道具なんかも持って行かないといけない。

 

そんなやたらと荷物の多い中学生だけど。

こんな重たい荷物をカバンに入れて毎日登校して、体に害はないのかな?

腰痛になったり背が伸びなくなったり。

 

ハッキリ言って、今の中学生って重たいカバン持ちすぎ。

毎日毎日カバンに教科書を入れて登校し、持って行った教科書を全部持って帰ってくる。

こんなのってメチャクチャ効率が悪い。

 

 

だってさ、教科書を毎日持って帰って来たところで、家で教科書なんて使わないし。

科目によっては、授業で使うかも分からないような分厚資料集を毎回持って行く必要がある。

それってどう考えたって無駄な行為だし、置き勉するのが最も効率良い。

 

だけど、置き勉って学校で禁止されてるんだよね?

使いもしない教科書や重い資料集を毎日持って行っては持って帰ってくるなんて、どう考えたって効率悪すぎ。

でも、学校側は置き勉を禁止してくる。

 

 

こんな無駄な物を毎日カバンに入れてたら、カバンだって重いに決まってる。

こんな重いカバンを中学生が毎日持って登校してるなんて悲惨すぎる。

腰痛になる可能性だってある。

 

中学生って成長期だし、体の骨が作られ身長だって伸びる時期。

そんな大切な時期に、これだけ重いカバンを持っていて問題ないのかな?

中学生の健康や成長に害はないんだろうか?

 

そこで今回は、

【中学生の重いカバンは健康面で大丈夫か?】

これについてまとめてみた。

 

スポンサーリンク

重いカバンは腰痛になる

中学生は部活もやってるし、ある程度は荷物が多くてカバンが重いってのは仕方ない。

それに、部活やってるからこそ体は鍛えられてるし、多少は重い荷物を持っても大丈夫だとは思うんだけど。。。

 

中学生なら重いカバンを持ってもまだ腰痛にはならない

ただし、腰や肩に無駄に負担をかけてることは間違いない。

普通よりかは肩がこるし100%不健康なことではある。

 

中学生はまだまだ若いし、体の回復も早い。

だから、重いカバンを毎日持って登校しても、腰痛になったりする可能性は低い。

低いんだけど、それはあくまで中学生が若くて部活もやっているエネルギッシュな歳だからってだけ。

 

あんなに重いカバンを毎日持っていたら、体にとっては確実に悪影響。

中学生は若いから無理しても腰痛にならないってだけで、どう考えたって健康的じゃない。

ハッキリ言って、大人がこんな生活をしてたら100%腰痛になるよ。

中学生だって今は腰痛にならないけど、将来的には腰痛になる爆弾を生み出してる

 

 

重いカバンを毎日持ってたら肩だって凝るし、骨盤が曲がって姿勢だって悪くなる。

両サイドの肩のバランスも崩れるから、体が常に斜めった状態になってくる。

 

姿勢や骨盤って1度歪むと修正するのが物凄く大変で、時間だって凄くかかる。

だから、1度曲がってしまった姿勢を元に戻せる人ってかなり少ない。

もはや、1度悪くなった姿勢は直らないと思った方が良い

 

それだけ重大なことなのに、学校側は中学生にあんな重いカバンを持たせてるんだよ。

どう考えたって正気の沙汰じゃない。

てか、学校側は何も考えてない。

 

 

まぁ、重いカバンを持つことで身長が伸びなくなるって心配はないんだけどね。

たとえ毎日重いカバンを持って登校したとしても、ちゃんと運動して睡眠を取っていれば、身長はしっかりと伸びていく。

ちみに、身長を伸ばす秘策は他のところでまとめたからチェックしてみて。

⇒⇒身長を伸ばすのは20歳でも可能?まだ間に合う秘策公開!あと+5㎝は目指そう!

 

でもね、重いカバンを持っても身長は伸びるけど、体にとっては不健康。

腰痛や肩凝りを引き起こす原因になる。

肩が凝ると頭痛もするし、血流が悪くなるから集中力も落ちる。

当然、勉強も集中して取り組めなくなるから、成績は落ちていくよね。

 

スポンサーリンク

学校へ講義した方が良い

誰がどう考えたって、中学生が毎日重いカバンを持って登校するのは体に悪い。

将来的には腰痛を引き起こす原因になる。

てか、中学生と同じだけ重いカバンを大人が持って生活したら、数ヶ月で腰痛になるよ。

 

それでも、中学生は毎日重いカバンを我慢して持って行ってる訳だけど。

こんな最悪な状態が引き起こされてる原因はただ1つ。

 

置き勉が禁止だから!

 

 

学校が馬鹿みたいに置き勉を禁止してるから、中学生は毎日重いカバンを持って登校しないといけない。

だけど、中学生の健康を考えたら、どう考えたって置き勉は許可した方が良いし、むしろ置き勉を禁止する意味が分からない。

単純に、学校側がアホとしか思えない。

 

てか、家で使いもしない教科書を持って帰るなんて効率悪い。

授業で使うかどうかも分からない様な重い資料集を、毎回カバンに入れて持っていくのは合理的はじゃない。

置き勉を禁止してる時点で教師の無能さが伺えるし、頭悪いんだなってことがよく分かる。

置き勉禁止なんてのは、学校側の悪しき風習であり、何かと理由をつけて置き勉を禁止してるだけ。

 

置き勉を禁止する理由
  1. 家で勉強しなくなるから。
  2. 学校が汚れるから。
  3. 盗難が起きるから。

 

学校側が置き勉を禁止する理由は以上の3つ。

だけど、この3つの理由は置き勉を禁止する正当な理由になってない

この3つの理由しかないんだったら、生徒の健康面を考えて重い教科書の置き勉を許可するべき。

 

スポンサーリンク

置き勉したら勉強しない?

置き勉したら勉強しなくなるって言うけど、勉強しない中学生は教科書を持って帰っても勉強しないし。

逆に勉強する中学生は教科書なんてなくても勉強する。

 

てか、いまどき教科書使って勉強するとか古い。

ネットで検索すればいくらでも勉強を教えてくれるサイトが出てくる。

学校の先生なんかよりもよっぽど教えるのが上手な人が、無料で動画講義を行ってたりする。

塾に通ってる人もいるし、勝手に問題集を買って勉強してる中学生だっている。

 

ちなみに、中学生に塾が必要かどうか悩んでる親御さんが多いけど、それに関しては別でまとめたから以下で。

⇒⇒中学生に塾は必要?1科目だけ受講して5科目全ての成績を爆発的に上げる秘策!

 

教科書持って帰らないと勉強しないって理論は間違ってるし、古すぎる考え方で終わってる。

そもそも、中学生に自宅で勉強させたいなら、教科書を持って帰らせる前に、勉強を楽しいと思えるように【学ぶことの楽しさ】を学校の先生が教えてあげた方が良いんじゃない?

それをやったら、中学生は教科書なんてなくても勝手に勉強するから。

もうね、「教科書を持って帰らないと中学生が自宅で勉強しない」とか言っちゃてる時点で、その先生はメチャクチャ無能だし終わってる。

 

置き勉したら学校が汚れる?

置き勉したら学校が汚れるってのもおかしな話。

置き勉したら、重い教科書達は机の中かロッカーの中に入れて帰る。

ってことは、別に学校は汚れない。

汚れるのは、整理整頓が出来ない中学生の机やロッカーだけ。

 

別にさ、整理整頓が出来ない人って世の中に沢山いるし、大人だって整理整頓しない人はいる。

でもさ、そういう人はそうやってずっと生きていくし、別に個人の机やロッカーが汚い分には大して問題ないでしょ。

 

 

むしろ、学校側は整理整頓できてない生徒のことを指導してあげた方が良いんじゃない?

整理整頓できない人間は仕事が出来ないって相場決まってるし、そういう中学生は整理整頓する様に指導してあげた方が将来のため。

 

とは言っても、先生だって整理整頓できない人はいるし、職員室の机が汚い先生はいる。

まぁ、そういう先生はやっぱり仕事できなくて無能なんだけど(汗)

結局は、整理整頓できてない中学生を指導してあげる実力がないってだけ。

 

中学生が置き勉したところで学校自体は汚れないし、学校が汚れるってのは置き勉を禁止する理由にはならない。

 

置き勉したら盗難される?

置き勉したら盗難が起きるってのも、置き勉を禁止する理由にならない。

盗難が起きるのって、学校側の問題でしょ?

盗難する生徒の方に問題があるし、中学生で盗難するなら学校側がちゃんと指導してあげた方が良い。

置き勉を禁止する前に、「盗難する生徒を指導しろよ!」って話。

 

 

結局さ、学校に荷物を置かずに全て持って帰って貰えると、先生側は管理が楽なんだよ。

盗難も起きないし問題事が少ないから先生は楽できる。

 

だけど、先生が楽してる分、中学生はクッソ重いカバンを大変な思いして持って帰ってる訳よ。

肩凝りや腰痛の原因になるにも関わらず、我慢して重いカバンを持って帰ってるんだよ。

先生が楽した分、中学生は苦労して被害に合ってる。

 

置き勉が禁止なのって、先生が管理する必要もなく楽できるから。

問題事が少なくて済んで先生は楽だから。

先生が楽した分、中学生がケツ拭いてるんだよね。

どう考えてもおかしな話でしょ?

 

だから、置き勉が禁止の学校へは全力で講義して徹底的に戦った方が良い。

結局、置き勉禁止にしてるのは先生が楽したいからってだけだし、その被害を受けてるのは中学生なんだから。

腰痛になってからじゃ遅いよ。

 

抗議しないと教師は動かない

先生なんて、結局は生徒のことは他人事なんだよ。

中学生がいくら苦労して重いカバンを持って登校してようと、所詮は他人事だし、その苦労を先生は分からない。

 

結局は、犠牲になってるのって中学生の方じゃん?

でも、学校の先生にとってはそんなこと他人事だし、先生が苦労してる訳じゃないから何とも思ってないよ。

そんで、バカみたいに置き勉は禁止とか言ってるだけ。

置き勉が禁止って、どう考えても健康に悪いし合理的じゃないもん。

 

逆の立場になって

「じゃあ先生が毎日これだけ重いカバンを持って出勤してみて下さい。職員室に荷物置いて帰るの禁止なんで机の荷物は毎日全部持って帰って下さい。」

こんなことを言ったら、重いから無理って先生は言うだろうね。

 

要するに、中学生がいくら重いカバンを持って大変な思いをしていても、先生にとってそれは他人事であって何も考えてないってこと。

逆の立場になったら先生は出来ないって言うけど、生徒が苦労してるだけなら先生は気にしない。

 

 

学校教師だって聖人じゃないし間違ったことは沢山する。

むしろ、間違ったことを教えたり教育してる人ばっかりだよ。

 

先生だって人間だし、欲もある。

仕事で楽したい、お金欲しい、早く帰りたい・・・

生徒にセクハラする先生もいるし、部活で中学生をいじめる先生だっている。

 

全員の教師がそうとは言わないけど、基本的に先生なんて信用したり信頼するものじゃない。

我が子を護れるのって結局は親だけ。

大前提として、先生には何も期待しないって気構えでいた方が良い。

 

 

中学生を助ける気のない先生の言うことなんて、無視した方が良い。

置き勉を禁止して中学生の腰痛を促進してるなんて、どう考えてもありえない!

学校へ全力で抗議した方が良いし、先生の言うこと無視して置き勉した方が良い。

 

それで子供が先生に怒られたら、ソッコー学校へ電話して抗議する。

それでも変わらなければ教育員会に抗議。

 

楽して何も改革しない学校なんて、抗議しまくって徹底的に詰めた方が良い。

じゃないと変わらないから。

泣き寝入りして被害を受けるのは、重いカバンを持って登下校してる中学生です。

腰痛持ちになって辛い思いするのは中学生です。

 

まとめ

置き勉を禁止している中学校は多い。

だけど、置き勉を禁止することは中学生にとっては悪影響しかない。

置き勉が禁止だと毎日重いカバンを持って登下校する必要がある。

 

この重いカバンってのが想像より遥かに重いんだよね(汗)

どう考えたって、若い中学生の体に害を与えるレベルの重さ。

こんな重いカバンを中学生が持っていて、腰痛になったり不健康になったりしないのかっていうと。。。

 

中学生なら重いカバンを持ってもまだ腰痛にはならない

ただし、腰や肩に無駄に負担をかけてることは間違いない。

普通よりかは肩がこるし100%不健康なことではある。

 

 

誰しもが思ってる通り、あれだけ重いカバンを中学生が持つのは体に悪影響。

でも、中学生は若いからこそ、重いカバンを持ってもまだ腰痛になったりしない。

だからこそ、学校側は何も対策しないし、置き勉が禁止の方が先生は楽できるから、置き勉禁止という悪しき風習が続いてる。

 

でも、置き勉が禁止で先生が楽してる代わりに、中学生の体は悲鳴を上げてるってこと。

そして、その悲鳴は大学生や社会人になってから体に影響が出てくる。

ようは、今は中学生だから重いカバン持っても大丈夫だけど、そのつけは大人になってから返ってくるってこと。

 

いちはやく、学校側へ抗議して重いカバンの対策を取った方が良い。

子どもの体がぶっ壊れてからでは遅いです。

1度歪んだ姿勢や骨盤は直りませんよ。

 


スポンサーリンク

関連記事と広告