部活を休むと罪悪感で辛い(泣)このモヤモヤを解消する3つの秘策を公開!

部活ってさ、最初は楽しいけど、ある日当然つまらなくなったりするよね?

何だか今日は部活出るの面倒臭いな~って思うことあるよね。

「今日は部活休む気分だな~」ってときは誰しも1度はあるもの。

 

実際、部活って週5であるし、休む気分のときだってあるじゃん?

そりゃ、週5で部活してれば、1回くらいは部活が面倒臭くて休むときだってある。

 

だけど、人によっては部活を休むと罪悪感に苛まれるって学生もいる。

本当は出ないといけない部活をあえて休み、他の皆が頑張って部活してる中で自分だけサボりで休むということに罪悪感を感じてしまう。

 

そして、部活をサボりたいから休むって決めたのに、いざ休むことになっても気が休まらない。

部活を休むことへの罪悪感に苛まれる。

明日の部活へはどんな顔して出たら良いんだろう・・・

こんな風に、部活を休んだことへの罪悪感で悩んでる学生って意外と多いんだよね(汗)

 

でもさ、部活を休むことってそんなに悪いことなのかな?

確かに、部活って本来は出るものだし、サボりで休むって駄目かもしれないけどさ。

そんなに罪悪感に苛まれることでもないよ。

ぶっちゃけ、部活を休むくらいで罪悪感に苛まれて悩んでるって、精神的にメチャクチャ弱い。

 

でも、気にする学生は気にするんだよな。

たかが部活を休むくらいでも、罪悪感に苛まれて悩んでる学生っている。

 

今回は、そんな学生のあなたへ

【部活を休むとき罪悪感を消す方法】

これについてまとめてみた。

 

スポンサーリンク

部活を休んだ罪悪感を消す方法

部活って、入ってるのが当然ってところがあるじゃん?

部活は誰しも入ってるし、誰しも部活に出て活動してるもの。

だからこそ、たとえ好きな部活がなくても、何かしらの部活に入らないといけない。

 

で、結局は好きでもない部活やってるから、ある日突然、部活を休む気分になる。

そして、部活を休むはいいけど、後悔して罪悪感に苛まれる。

そうするとさ、結局のところ部活を休むことの罪悪感を消す方法は、以下3つの考え方をするしかない。

 

  • 好きでもない部活なら定期的にサボるのは当たり前。
  • サボったあなたのことなんて誰も気にしてない
  • 部活なんて所詮はお遊び。将来の役には立たない

部活を休むことによる罪悪感って、精神的な話だよね?

だから、罪悪感を消すための対策って、あなたの考え方を変えるしかない。

部活をサボって休むことくらい何てこはないって考え方が出来ないと駄目。

 

てか、そもそも部活を休んだあなたのことなんて大して気にしないし。

別に友達が部活を休むってなっても、特に何とも思わないよ。

 

まずは、あなたの考え方を変えること。

部活をサボって休むことに対して、重く考えすぎないこと。

そんなどうでも良いことで罪悪感に苛まれる必要はない。

 

スポンサーリンク

部活が好きじゃないからサボる

そもそもの大前提として。

部活って入ってないと駄目な学校もある。

だからこそ、好きでもない部活であろうと、何かしらの部活に入ってないといけない。

 

でもさ、好きでもない部活に入ってたら、たまにサボりたくなって休むのって普通のことだよ。

たまにサボって部活を休むどころか、半分以上サボって休むって学生もいる。

まぁ、ここら辺は学校の風潮にもよるけどさ。

 

好きでもない部活であれば、休むのは当然。

好きでもない部活を週5でやってたら、休む気分の日もある。

むしろ、部活が好きじゃないんだから休むのって当然。

だから、部活を休んで罪悪感を抱く必要はない。

 

 

結局さ、あなたが本当に心の底から好きなことなら、サボったり休むって考えすら浮かんでこない。

あなたがSNSメッチャ大好きだとして、「SNSチェックするの面倒臭いな~」なんて思う日ないでしょ?

それって、SNS見てるのが楽しいし面白いから。

誰かに強要されてる訳でもないのに、単に好きだから。

 

要するに、部活だって心の底から好きって学生は、部活を休むって考えすら出てこない。

逆に言うと、好きでもない部活をやってるんだから、部活を休むって考えてしまうのは当然。

それに罪悪感を抱く必要はない。

 

むしろ、好きじゃない部活なんて休むで良いと思うよ。

部活なんて休んで、もっと好きなことをするべき。

好きなことに必死に取り組んで、それをどんどん突き詰めていく方が、将来的には優秀な人間になるよ。

 

ゲームがメッチャ好きでゲームを突き詰めた人って、プロゲーマーとして食べていけてるし。

バカなことをするのが大好きな人って、それを突き詰めてYouTuberになってるし。

科学が好きな人は学校の授業なんて無視して勝手に勉強し、将来は科学者として生活するし、教授になる。

 

要は、別に好きでもないことならやらなくて良いってこと。

部活があんまり好きじゃないなら、そんな部活は休むのも当然。

それに罪悪感は感じなくて良い。

他に、もっとあなたが興味のあることをした方が将来的には有望。

 

好きでもない部活ならさ、休むのって普通でしょ。

人間だもん。

好きじゃないことは続かないし休むよ。

別に、罪悪感を抱くことじゃない。

 

 

部活があんまり好きじゃないなら、部活以外であなたが楽しいと思うことをすれば良い。

それは何だって良い。

ゲームでも良い、オシャレでも良い、友達とひたすら遊ぶでも良い。

 

そして、こういうことをして、また飽きたら違うことをすれば良い。

何か新しいことをして、その新しいことが半年で飽きたり嫌いになったら、また別の新しいことをしなさい。

次々に、あなたがやりたいこと興味のあることをしなさい。

 

これを繰り返してる内に、本当に心の底から大好きと思えることに出会える。

そして、それは将来の職業に繋がるから。

そう思えるものにさえ出会えれば、サボって休むなんて考えすら浮かばないから。

そう思えるほど楽しいものに出会える人ってメッチャ幸せだよ。

 

だから、好きでもないことは辞めて良い。

部活が大して好きじゃないなら休むのだって普通だし、それに罪悪感を抱く必要はない。

好きでもないことはどんどん止めて、代わりに興味のあることをどんどんしなさい。

それを繰り返して好きなことに出会えたら、辛いことや嫌いなことがあっても好きだから頑張れる。

 

好きなじゃないことしてるから休むって考えが浮かんでくるし、休むことにしても罪悪感を抱くんだよ。

自分に正直に、きっぱりと、部活は大して好きじゃないから休むって開き直って良い。

部活を休むくらいで罪悪感を抱く必要はない!

 

スポンサーリンク

あなたのことなんて誰も気にしてない

ぶっちゃけ、部活なんて休む人は休むで良い。

サボりたい人は勝手にサボれって感じ。

 

マジで部活やってる人からすると、あなたが部活を休むならライバルが減って好都合。

マジで部活やってる人は上手くなりたいし、レギュラーにだってなりたい。

だから、勝手に部活を休んでくれてライバルが減ってくれるなら好都合なんだよ。

 

あなたが部活を休むことで、あなたの実力は1日分落ちるよね?

1日でも部活を休むと、その日に部活出てた人はあなたより上達する。

そしたら、あなたより上手くなれるしレギュラーを勝ち取れる可能性だって増える。

 

だから、誰かが部活を休むとかどうでも良い。

その人が部活を休む分、他の人が活躍できるチャンスが増えるってだけ。

部活を休んだあなたの実力が、他の人よりも1日分劣るってだけ。

 

これが、マジで部活をやってる人の考え方。

ぶっちゃけ、部活を休んでくれてありがとうって感じ。

だって、その人がいない分、試合に沢山出れるし練習するスペースだって広くなる。

 

私は高校時代でサッカー部だったけど、練習試合の日にチームメイトが休むってなったら、割りと嬉しかったけどね。

そのチームメイトが休む分、私は試合に出れる回数が増えるし、もしかしたらレギュラー組の試合に出れるかもしれないから。

 

結局、部活を休む人は勝手に休むで良い。

むしろ同じ部活の人間からしたらラッキー。

これが、マジで部活をやってる人の考え方。

 

あなたが部活を休むことで罪悪感を抱くなんて、お門違いも良いところ。

別に、あなたが部活を休んだことなんて、大して誰も気にしてない。

気にしてるとしたら、それは部活のレベルがもともと低い証拠。

 

それにさ、マジで部活やってる人は、部活を休むことで罪悪感なんて抱かない

罪悪感よりも悔しいって気持ちが先行する。

体調が悪くて練習に参加できないこと、部活を休むことに情けなさと悔しさが出てしまう。

部活を休むことで申し訳ないとか、罪悪感なんて抱かないから。

 

プロのアスリートとかもそうだよね?

怪我で練習できないことに対して、悔しいって気持ちが出る。

練習に参加できなくてチームメイトに申し訳ないって気持ちは抱かないから。

それよりも、レギュラーを取られるという危機感と焦りが先行する。

 

しょせん、部活を休むことで罪悪感を抱く程度なら、それってお遊び程度の感覚で部活をやってるってこと。

部活の仲間だって別にマジで部活やってるわけじゃないし、部活を休むくらい何てことはない。

 

だけど、別にこれが悪いって訳じゃないのよ。

もともと部活が大して好きじゃないなら、無理に部活をしてても仕方がない。

そんな部活よりも、もっと他の好きなことに時間を使った方が良い。

 

ただ、部活を休むことで罪悪感を抱くのは違うよって話。

部活を休むことで罪悪感を抱いてしまうようなら、それって別にマジで部活やってないって証拠。

だから、部活を休むことに罪悪感なんて抱かなくて良いし、部活が好きじゃないんだから他のことをした方が良い。

 

学校として部活に所属してないと駄目ってなら、幽霊部員になったって良い。

もともと好きじゃない部活なら、定期的にサボって休むで良い。

だけど、それに対して罪悪感を抱くのはお門違い。

 

もし、部活を辞めたり幽霊部員になると、部活の友達とギクシャクするかもしれないって悩んでるなら、下の記事を読んでみて。

⇒⇒部活を辞めると友達とギクシャクする?関係を悪化させないたった1つの秘策!

部活なんて所詮はお遊び

大前提として、部活なんてお遊び。

部活で全国大会に出るくらいの実力があるなら、それは将来の仕事にも繋がるし遊びとは言えない。

 

でも、強くもない学校の部活なんて、それはただのお遊びだよ

その部活を続けたところで、将来の仕事へ繋がることもないし。

ハッキリ言って、部活なんて将来の役になんて立たないから。

 

もちろん、先生達や親は教育者として綺麗事を言うよ

 

  • 部活をすることで忍耐力がつく。
  • 皆で頑張って部活をすることが重要。
  • この頑張りは将来どこかで役に立つ。

先生はこういった綺麗事を並べる。

 

だけど、現実社会において部活での経験が役に立つことはない。

ましてや、強くもない部活をやってて将来の役には絶対に立たない。

頑張ってもどうにもならないことだって、大人になったら沢山ある。

 

だから、どんな綺麗事を並べても、部活なんてのはお遊びなんだよ。

そのお遊びを休んだところで、別に大したことはない。

お遊びという名の部活を休むとしても、それに罪悪感を抱く必要は一切ない。

 

部活を休むくらい、重く考える必要はない。

部活を休むことで罪悪感に苛まれるなんて、時間の無駄でしかない。

全国大会に出場するレベルの部活でマジでやってない時点で、それはもうお遊びだし。

 

それでも部活で唯一得られるものとしては、部活の友達。

部活の友達に関しては、大学生や大人になっても繋がりを持ち続けるくらい気の合う友達ができる可能性はある。

それ以外に関しては、部活をやる意味ってないに等しい。

そのレベルの部活を休むくらいで罪悪感を抱く必要はない。

 

ちなみに、部活では友達が得られるって言ったけど、部活でハブられたりイジメられたりしたら、部活の友達なんて縁を切って良いからね。

しょせんは部活が一緒だったってだけの友達だし、無理に部活の友達と付き合う必要もない。

 

もし、部活の友達との関係が上手くいってなくて悩んでたら、下の記事を読んでみて。

 

⇒⇒部活の友達が怖い!イジメ・ハブらてるときの対処法!まずは◯◯しなさい!

罪悪感を抱くなら2度と休むな!

部活なんてお遊びだし、好きでもない部活なら休むのは当然。

休むことに対してい罪悪感を抱く必要なんてない。

てか、部活が好きじゃないなら定期的に休むのだって当たり前だし、本当に部活が嫌いなら幽霊部員になったって良い。

 

だけど、それでも部活を休むことに罪悪感を抱いたり、好きでもない部活を続けるっていうなら、部活は2度休むな!

部活を休むと毎回のように罪悪感を抱くなら、もう2度部活を休んじゃ駄目!

 

 

結局さ、部活サボりたい日に部活休む、その後で後悔するってなら部活休むなよって話。

目の前の【部活休みたい】って欲求を優先したところで、後で【部活休んで後悔】って罪悪感を抱くなら、もともと部活休むなよって話でしょ?

 

もちろん、「そうは分かっていても部活を休んでしまう」こんな風に悩んでる学生もいる。

だけど、これは後で後悔するって分かってるのに、目の前にある【部活休みたい】って欲求を優先してる訳だよね?

それって、部活休んで罪悪感とかって話じゃなく、人して意思が弱いしメンタル弱すぎ

 

目の前の欲求を我慢して耐えるってことは、人として出来ないとヤバイよ。

後で罪悪感に苛まれて後悔するって分かってるなら、部活を休みたいって思っても絶対に部活を休むのは駄目。

そこは我慢できないといけない部分。

 

もちろん、部活を休むことなんて大したことないし、罪悪感に苛まれる必要なんてないんだよ。

仕方なく学校の方針として部活に入ってないといけないってなら、別に部活なんてマジでやってないし定期的に部活を休むのだって悪いことじゃない。

代わりに好きなことを見つける方が良い。

 

だけど、こういう風に割り切って考えることが出来ないんだったら、部活を休むのは駄目。

部活を休む度に罪悪感に苛まれるなら、もう2度と部活を休まないこと。

部活を休みたいって思っても、結局は部活を休むと後悔するから。

だったら、最初から部活を休まない方が精神的に楽だから。

 

ちなみに、部活の練習がきついってなら、部活のきつい練習に耐える方法もまとめたから読んでみて。

⇒⇒部活がきつい!耐えるにはどうしたら良い?練習が楽になる3つの裏技を後悔!

まとめ

部活を休む気分ってあるよね。

私も、中学生の頃は部活なんて好きじゃなかったし、常に部活を休みたかった。

だから、テスト期間中の部活停止期間は嬉しかったよね笑

テスト期間中だからメチャクチャ勉強してたけど、それでも部活してるよりかはマシだった。

それくらい、私は中学時代って部活嫌いだった。

 

まぁ、高校生になってからマジで部活やったんだけどね。

高校生になってからの部活は超本気だった。

 

でもさ、大概の部活って、学校のルールとして部活に所属してないと駄目だから部活やってるだけじゃん?

だったら、部活休むくらいで罪悪感を抱く必要はない。

 

  • 好きでもない部活なら定期的にサボるのは当たり前。
  • サボったあなたのことなんて誰も気にしてない
  • 部活なんて所詮はお遊び。将来の役には立たない

 

部活を休むことで罪悪感を抱くのは、完全にあなたの考え方の問題。

あなたの考え方さえ変われば、部活を休むとしても罪悪感なんて感じない。

 

だけど、部活を休むことに対する考え方を変えることが出来ず、部活を休む度に罪悪感を抱くってんなら、それはもう部活を休むなって話。

そんなに真面目に部活やるんだったら、部活を休むことで罪悪感に苛まれるって悩むより部活に出た方が良い。

たとえ部活を休みたくても、我慢して部活に出ること。

 

まぁ、私だったら迷わず部活を休むけどね~

全国大会に出場してない部活なんてお遊びだし、そんな部活なら休むのは当然。

罪悪感なんて抱くだけ時間の無駄だしアホらしいよ。 

 

 


スポンサーリンク

関連記事と広告